運営団体について

市川市で40年以上、ひとり親家庭や学校に行っていない子どもたち、そして発達障害の子どもたちの学習支援を行っているNPO法人ダイバーシティ工房が運営しています。

 


法人概要

  • 名称:特定非営利活動法人ダイバーシティ工房

  • 設立:1976年(2012年法人化)

  • 所在地:〒272-0034  千葉県市川市市川1-9-1 AKIOビル4階

  • 代表理事:不破牧子

  • 職員数:74名

  • 事業内容:学習支援・放課後等デイサービス(千葉県市川市・東京都江戸川区に5拠点運営、生徒数191名)・コミュニティスペース運営・保育園運営(千葉県市川市)

  • WEBサイト:http://diversitykobo.org

講師紹介

塾長

不破正久(ふわまさひさ)


1949年生まれ。慶応大学法学部卒。

サッポロビール関連会社に就職後、1976年に27歳で教育に目覚め開塾。自在塾と名付ける。

学ぶことは、自分自身の可能性を広げ自らの問題を解決できる能力を養うことだと考えています。学ぶことで自分自身が自由自在になれる、そんな想いから「自在塾」と名づけました。

自在塾では、ただ単に机に向かって暗記をしたり計算をしたり学校でのテストで良い点を取ることだけが勉強だと考えていません。

社会に出るまでに必要な力とは、

「自分の考えを論理的な根拠から導く力」「自分の考えを正しく相手に伝える力」「人の考えを相手の立場で聞く力」「自ら問題を設定し、解決していく力」「問題解決の為に、仲間と協力できる力」

だと考えています。

いくら学力があっても、社会に出てから「自分は何をしたかったのか」と考え、つまずいてしまう人は大勢います。 または働きながらも問題意識がなく、人に言われたこと、人から与えられた目標に対してしか動けない人もいます。

自在塾では、自分自身の目標に向かい身近な問題やさらには社会問題、世界の問題を解決できるような次世代のリーダーに必要な基礎学力の向上と、人間力の養成を行います。

そんな子供達を増やす事が、日本を元気にする第一歩であると考えています。

また当塾では、子供は親だけが育てるものではなく地域の関わる人全てで育てていくものだと考えています。

 

その為に、地域の人たちと交流する場を創り、年代を超えた人達の様々なアイディアと経験と共にお父さん、お母さんと一緒に子供を育てていきたいと思います。

教務主任

大野隆司(おおのたかし)

 

1953年生まれ。立命館大学卒。

40年間中高の英語教諭として勤務。2016年より現職。

 

私が教員生活の中で大切にしてきたものは、子どもたちの成長を願う気持ちです。

 

子どもたちは、それぞれの資質や能力、家庭環境や成育歴などによって、置かれている状況はさまざまですが、適切な支援があればどの子も必ず成長していけるものです。その確信こそ、教育の仕事に携わる私の根底にあるもので、私の教育実践の基礎となっています。

 

私は長い間教員としてたくさんの子どもたちと接してきましたが、退職に際し、これまでの経験を生かして今後も教育に関わる仕事に携わり、子どもたちの成長に寄り添い、少しでも社会の役に立ちたいと強く思うようになりました。

 

今の社会状況のなかで、さまざまな要因から「生きづらい」という思いを抱えている子どもたちがたくさんいます。そういった子どもたちに、一人一人に合った適切な学習の機会を提供し、一人の人間として「自立」していけるように全力でサポートしていきたいと思います。

お問い合わせ・カウンセリング担当

座間茜(ざまあかね)

 

千葉県出身。 横浜市立大学修士課程修了。社会福祉士。中高教員免許保持(国語)。
教材出版会社勤務・家庭教師を経て、2013年より現職。
自在塾運営業務、作文・文法講座を担当。


さまざまな背景を持ちながら、自分に合った進路を選び、進んでいく子どもたちを見ていて、学ぶことは自立していくことだと実感しています。

勉強は大変なことも多いですが、学ぶことの楽しさを知ってもらえる場所を作っていきたいと思っています。

お子さん本人はもちろん保護者の方とのコミュニケーションを大切にして、その子自身に合った学習方法を見つけることや進路選択をサポートしていきます。

お気軽にお問い合わせください。

講師

武笠隼士(むかさはやと)

 

北海道出身。札幌大谷大学卒。中核地域生活支援センターで相談員として1年間出向後、自在塾で講師。実用英語技能検定準1級。

 

「強く指示されるのが嫌だった」

「決まったスケジュールでみんなと同じように動くのが苦手だった」

たくさんの子どもたちと関わる中で、このような声をきいてきました。

 

将来のこと・学校のことなど、大人から見ると心配ごとはつきませんが、子どもにとっては、自分の考えをきいてくれる、自分の感じ方をわかってくれる、というところから関わりが深まると考えています。

 

限られた時間ではありますが、お兄さんのような近しい存在として、お子さんの自立に向けて伴走していくことができればと思っています。それぞれのペースで一歩ずつ、進めていきましょう。

講師

八神愛衣(やがみあい)

 

中学3年時に自在塾通い始め、希望の高校に進学するが中退。自在塾を運営するNPO法人ダイバーシティ工房で勤務するかたわら通信制高校を卒業。発達障害を持つお子さんの支援に4年間関わり、現職。

「勉強は苦手…でも出来るようになりたい。」「集団授業では理解できないことも個別でなら集中して取り組める」

そんな子どもたちの気持ちに寄り添いながら、得意を伸ばし、保護者の方のアドバイスや協力のもと、一緒に学習に向き合います。

「生徒の“できた”は講師の“できた”」

できることもできないことも言い合える、できないことは一緒に克服していけるような関係を作ります。生徒と講師が互いに互いを育て、「できること」を一緒に増やしていきたいと思っています。

講師

工藤縁(くどうゆかり)

 

国際基督教大学卒。大学在学時より小学3年生から高校3年の個別指導や1人親家庭の子どもを対象とした学習支援に関わる。TOEICスコア880点。現在育休中。

営業時間:平日13:00〜20:00(土日祝休)

​担当:座間(ざま)・武笠(むかさ)

お急ぎの場合は

​お電話ください

自在塾

平日13:00〜20:00(土日祝休)

Copyright © 2018 ダイバーシティ工房. All rights reserved.