「なぜかできない」の正体

最終更新: 1月22日


「できる」の反対は、「できない」です。

しかし、この中間の

「できなくはない」

という状態が、学習を進める上では大きな罠になります。

なぜかというと、「できなくはない」というグレーな状態は、「できる」に振り分けられてしまうことも多く、そのまま進んでいくことで、実際にはその先のつまずきの原因になっているにも関わらず、見過ごされてしまうことが多いからです。 お子さん本人も、自分なりのやりかたを作り、周囲から目を向けられないようにバリアをはりながら、その場をやり過ごすようになっているケースも多く、より見えにくくなっていきます。


例えば、九九を覚えて「できなくはない」状態だとします。

少し難しくなると、2桁×1桁のかけ算、3桁×2桁のかけ算、わり算、など九九を使った範囲に入っていきます。

そうすると、九九の1つ1つを答えるのに

「7×8、えーと、しちはごじゅうろく」

ということに頭の稼働がもっていかれる状態なので、かけ算のひっ算ってどうやるんだっけ?といったことがわからなかったり、できても九九の計算間違えが多くなったり、といったことにつながっていきます。

こういった状況では、九九が実はできていない、と私たちは考えます。 (放っておくと、2桁×1桁のかけ算、3桁×2桁のかけ算、わり算などの練習を続けさせられるケースが多いです) 九九が考えなくてもできるように練習を進め、九九を応用した桁数の多いかけ算や割り算などに進んでいくのです。

このような形で、どうしても上手く進めていけない学習がある場合には、「できなくはない」というのがどこの部分か、というのを見つけてあげなければいけません。


子ども本人は、「このくらいならできます」と言い張ったり、出来ない部分を見せないようにごまかそうとしたりこともあるのですが、決して「こんな簡単なのもできない」と言いたいわけではなく、もっと瞬時にできるようになる必要があるということを、子どもたちにも説明しています。


自在塾にいらっしゃるお子さんで、他の個別塾に通っていた子でも、こういった部分が見過ごされて困っていることも多くあります。

もし上手く行かなくて悩んでいるお子さんがいらっしゃいましたら、「できなくはない」を一緒に見つけていくお手伝いが出来たらと思います。

最新記事

すべて表示

心に残る先生との出会い

自在塾には、不登校だったり、発達障害の特性を持っていて授業についていくことが難しく、勉強のことで悩んでいる生徒さんが多く通っています。 不登校でほとんど勉強をしていないお子さんや、発達障害を持ち上手く行かない経験をたくさんしてきたお子さん、勉強が苦手なお子さんたちは、「自分にはどうせできない」と内心あきらめていることも少なくありません。 そんな状態で「がんばれ」と言われても、がんばれないというのが

【発達障害・不登校のお子さん】個々に合った学び方

学び方は、三者三様です。 学習が「山登り」に例えられることがあります。 その例えが表すことは、 「登り口はどこであってもいいし、登り方も人それぞれ」 つまり、三者三様ということです。 学習が苦手なお子さんが本当に困っているのは、 「自分のことを周りの人がよくわかってくれない」 「自分でもどうしたらいいのかわからない」 ということです。 だから、怒られても、がんばれと言われても、自分ではどうしようも

子どもの自立×親子関係

小学校の高学年や、中学生にもなってくると、子どもの自我が強くなってきます。 「昔は無理やり動かしていた」 「強く言いすぎていた」 と過去を振り返る親御さんの声も、よく聞かれます。 まだまだ未熟なのでなんでも自由にさせるわけにはいかない 心も体も大きく強くなってくるので、思うように動かない という葛藤のなかで、成長に合わせて距離感を変えながら関わっていく必要があります。これは、とても大変なことですよ

自在塾

平日13:00〜20:00(土日祝休)

Copyright © 2018 ダイバーシティ工房. All rights reserved.