子どもの自立×親子関係


小学校の高学年や、中学生にもなってくると、子どもの自我が強くなってきます。

「昔は無理やり動かしていた」

「強く言いすぎていた」

と過去を振り返る親御さんの声も、よく聞かれます。



  • まだまだ未熟なのでなんでも自由にさせるわけにはいかない

  • 心も体も大きく強くなってくるので、思うように動かない



という葛藤のなかで、成長に合わせて距離感を変えながら関わっていく必要があります。これは、とても大変なことですよね。




私たちは、ご家族とお子さんの成長に寄り添うために


「関わりのトライアングル」


が必要であると考えています。

私たちが、お子さんと親御さんの中に入り、三角の関係を作っていくのです。

親子に限らず、2者だけの関係だと、お互いに上手く理解できない、ということがどうしても出てきてしまいます。


トライアングルを作ることで、お子さんの気持ちを私たちが代弁したり、親御さんの気持ちを、「こういう風に考えているんじゃないかな」と私たちが代わりにお子さんに説明したり、時には「それは大変だね」と寄り添ったりということができます。


そうやって、お母さん・お父さんの担っていた役割を少しずつ減らしていくということが、私たちにできることの1つであると、考えています。



「そろそろいいタイミングかな」

と思った時に、自在塾にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。


  • 勉強や学校のことで悩んでいるようだけど、親には話してくれない

  • 親子だけでは行きづまっていて、どうしたらいいかわからない

  • そろそろ、自分の思うとおりにやっていってほしい


そういった声が聞かれます。

もし、同じように感じている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お話にいらしてください。

最新記事

すべて表示

心に残る先生との出会い

自在塾には、不登校だったり、発達障害の特性を持っていて授業についていくことが難しく、勉強のことで悩んでいる生徒さんが多く通っています。 不登校でほとんど勉強をしていないお子さんや、発達障害を持ち上手く行かない経験をたくさんしてきたお子さん、勉強が苦手なお子さんたちは、「自分にはどうせできない」と内心あきらめていることも少なくありません。 そんな状態で「がんばれ」と言われても、がんばれないというのが

【発達障害・不登校のお子さん】個々に合った学び方

学び方は、三者三様です。 学習が「山登り」に例えられることがあります。 その例えが表すことは、 「登り口はどこであってもいいし、登り方も人それぞれ」 つまり、三者三様ということです。 学習が苦手なお子さんが本当に困っているのは、 「自分のことを周りの人がよくわかってくれない」 「自分でもどうしたらいいのかわからない」 ということです。 だから、怒られても、がんばれと言われても、自分ではどうしようも

「なぜかできない」の正体

「できる」の反対は、「できない」です。 しかし、この中間の 「できなくはない」 という状態が、学習を進める上では大きな罠になります。 なぜかというと、「できなくはない」というグレーな状態は、「できる」に振り分けられてしまうことも多く、そのまま進んでいくことで、実際にはその先のつまずきの原因になっているにも関わらず、見過ごされてしまうことが多いからです。 お子さん本人も、自分なりのやりかたを作り、周