Loading...

勉強への姿勢

こんにちは!

自在塾講師の小久保です。

 11月に入り、一中・二中・大洲中の生徒は定期テストが近づいてきました。学校では試験範囲が配布されはじめ、自在塾の生徒達は「範囲が広すぎる・・・」だとか「今回はいけるかも!」といった試験範囲に関する話題で盛り上がっています。

 

また中3の生徒にとっては、内申に関わる重要な試験でもあるので、いつも以上に気合いを入れて勉強をしている様子が伺えます。

 

 

 

先日、授業がない日だったにもかかわらず、

 「わからない問題があるので教えて下さい。」

と、わざわざ塾に質問に来た生徒がいました。その生徒は、どちらかというと自分から積極的に勉強に取り組む方ではなく、ただ言われたことをこなしているような印象でした。

 

ところが、受け身で教わるだけでは勉強は身につかないということに気付いたようだったので、その時はとても感動して、講師としてのやりがいを感じた瞬間でした!

 

今後も、より多くの生徒が、「先生に勉強を教えてもらっているから、何とかなるだろう」といった受け身の姿勢ではなく、

 「自分は〇〇の単元が苦手で、

  □□の点数をもっと伸ばしたいから、

  先生に教えてもらいたい」

というふうに、自分の頭で考える積極的な姿勢をもつことができるよう、指導に励んでいきたいと思います。

 

 

 

以上、小久保でした。