Loading...

2013年

10月

16日

テスト返却後に自在塾で行う大事なこと

こんにちは!

 

自在塾講師の小久保です。

 

先日、市川一中と市川二中、そして大洲でも定期テストが行われ、10月に入って結果も全て返却されました。

 

自在塾では返却された回答用紙を塾に持ってきてもらい、講師と一緒に解き直しを行いながら、どの単元でミスが多いのかを分析します。

 

しかし、中には「もう見直しをして理解もできているから大丈夫」といった安易な理由で回答を持ってこない生徒がいるのですが、そのような生徒に限って、実際に類題を解いてみると出来ないことが多々あります。

 

これは「答えを理解できる」=「問題を解ける」という勘違いをしている生徒ほど陥りやすいミスで、出来たつもりになって次の単元に進んでしまうとより危険です。

 

講師はいつも口を酸っぱくして、生徒にこのことを伝えますが、実際に体感してみないことには何も分からないので、今回は回答を持ってこなかった生徒は、次回以降必ず持ってくるようにしましょう。

 

 

また、そういう小さなことを積み重ねることで、成績が伸びるということも是非体感してほしいと思います!!