Loading...

2013年

10月

09日

授業見学をしてみて分かったこと。

はじめまして!

10月から自在塾を運営しているNPO法人ダイバーシティ工房に加わりました佐藤雄大です。よろしくお願いします。

 

 

 

まずは「現場を知る」ということで研修期間中、自在塾の授業見学をしています。スーツ姿の見知らぬおじさんがいたら気軽に声をかけてくださいね!

 

早いもので今年度も折り返し地点を過ぎました。あっと言う間ですね。勉強も部活も少しずつ着実に積み重ねていくことが大切です。

 

そのとき

 年間を通してどうなりたいのか?

 そのために来月は、来週は、明日は

  具体的に何をしないといけないのか?

 まずは今何をすべきか?

そんな風に少しだけ未来を見据えて毎日を過ごしてみましょう。成果は必ず出ます!

自在塾の授業の様子を見学していると、

毎日が気付きの連続です。

 

 ◆この生徒は自分なりにノートの取り方を

  工夫しているから計算ミスが少ないのか。

 ◆この生徒は先生と何度も問答を繰り返して

  暗記しているな。スゴイ!

 ◆この生徒は宿題をちゃんとメモしているな。エライ!

 ◆この生徒はよく喋るけど、集中するときは

  ちゃんとしてメリハリがあるな。

 ◆この生徒は出来なかったところを

  自己分析して反省できている。伸びそうだな。

 

など、ひとりひとり個性があって

素晴らしい生徒だと思いました。

 

これから研修でたくさん学び、たくさん見て

1つでも多くのことを気付いていきたいと思います。

 

 そして生徒たちの素晴らしい個性を

どんどん伸ばしていけるようにしたいです。