Loading...

メリハリを付けた夏休みにしよう!

こんにちは!自在塾講師の菊地です。

7月も後半にさしかかり、

すっかり夏の陽気となりましたね!

 

 

 

私は主に19:30からの授業を担当しておりますが、

塾に向かう時の空の色が、いつの間にか

明るくなっていることに驚きました!

 

「日が長くなる。」は英語で 

The days are getting longer.と言います。

英語の通り、何だか1日が長くなったような気がして、

得した気分になりますね!

 

さて、とうとう始まった夏休み、いかがお過ごしですか。

 

夏休みは、と~っても長いですよね!

長いからこそ自由な時間も増えます。

 

少しくらい遊んでも

少しくらい携帯ゲームをしても……

 

という風に、徐々にだらけていってしまうことも

考えられます。実際、私は「時間がたっぷりある」と、

たかをくくってしまったために

夏休みの後半に悔しい思いをした経験があります……!

 

なので、こうならないためにも!

必要勉強時間」を計算してみましょう。


 夏に取り組む教材をリストアップする
 各教材について、1ページ(もしくは1章)あたりに

    かかる時間を見積もる
 にページ数(章数)を掛ける
 すべての教材の合計時間を出す

 

そして、こうして計算した必要勉強時間を、

夏休み期間の約45日で割ってみてください。

 

その時間が、夏休み期間の1日の勉強時間の

めやすになります。これをもとに、1日の

タイムスケジュールを立ててみましょう。

 

 

せっかくの夏休み、遊ぶ時間や自分の好きなことに

打ち込む時間も大切です。

 

そこで、時計や、ストップウォッチを傍らに置き、

勉強の時間を計ってみてはいかがでしょうか。

毎朝、1時間勉強する。」と決めたら、

その時間はしっかりと集中して取り組みます。

 

時間を定めることによって、

遊びと勉強のメリハリが付くと思います。

 

メリハリを付けて、

勉強も遊びも全力で取り組む夏にしましょう!

 

自在塾では夏期講習期間に自習室を開放しているので、

ぜひご利用ください。

 

講師が常駐しているので、

気軽に質問することができます!

 

一緒に頑張りましょう!(*^^*)