Loading...

塾長からのメッセージ

不破 正久 (Masahisa Fuwa

 

1949年生まれ(埼玉県秩父で育つ)

慶応大学法学部卒
サッポロビール関連会社に就職
1976年、27歳で教育に目覚め開塾、自在塾と名付ける

 

 

学ぶ事は、自分自身の可能性を広げ自らの問題を解決できる能力を養う事だと考えています。


学ぶ事で自分自身が自由自在になれる、そんな想いから「自在塾」と名づけました。

 

自在塾では、ただ単に机に向かって暗記をしたり計算をしたり学校でのテストで良い点を取る事だけが勉強だと考えていません。

 

社会に出るまでに必要な力とは、

「自分の考えを論理的な根拠から導く力」
「自分の考えを正しく相手に伝える力」
「人の考えを相手の立場で聞く力」
「自ら問題を設定し、解決していく力」
「問題解決の為に、仲間と協力できる力」

だと考えています。

 

 いくら学力があっても、社会に出てから「自分は何をしたかったのか」と考え、つまずいてしまう人は大勢います。 または働きながらも問題意識がなく、人に言われた事、人から与えられた目標に対してしか動けない人も居ます。

 

自在塾では、自分自身の目標に向かい身近な問題やさらには社会問題、世界の問題を解決できる様な次世代のリーダーに必要な基礎学力の向上と、人間力の養成を行います。

 

そんな子供達を増やす事が、日本を元気にする第一歩であると考えています。

 

また当塾では、子供は親だけが育てるものではなく地域の関わる人全てで育てていくものだと考えています。


その為に、地域の人達と交流する場を創り、年代を超えた人達の様々なアイディアと経験と共にお父さん、お母さんと一緒に子供を育てていきたいと思います。