Loading...

日本で一番家庭的な塾 自在塾ブログ

☆過去のブログをごらんになりたい方は、

 左のバーに表示されている月をお選びください。

 

☆2009年〜2013年2月の自在塾ブログは

 こちらをごらんください。

 最新のブログはこの記事の下から

 始まります。

2014年

7月

30日

講師ミーティングって何のためにするの?

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

幼稚園が夏休みに入ってから子どもたちと一緒に過ごす時間が増えました。いつも兄妹一緒に遊んでいると思っていたのですが、よく見てみるとそれぞれ別の遊びをしています。兄が人形を使って戦いごっこをしている横で、妹が絵の具を使ってお絵かきをしたり、兄がゲームをしている横で、妹はほうきを持ちバスタオルを首に巻いて魔女ごっこをしたりと、子どもは自分の遊びを見つけるのが上手だなと思いました。

 

さて、自在塾では先日、講師ミーティングを行いました。講師全員で集まり、生徒情報を共有し、今後の授業やコミュニケーションに活かすためにはどうしたら良いのかを皆で考えることが目的です。面談で分かったこと、普段の生徒の様子、成績の推移などを講師全員でシェアした上で、「だからどうする?」「私ならこうする」など皆で意見を出し合います。肝心なことはインプットするだけでなく、それを授業や生徒とのコミュニケーションに活かすにはどうしたら良いのかをそれぞれの視点からアウトプットすることなのです

 

例えば、山口さん(仮名)は家で勉強する習慣がなく、ほとんど宿題もやってきません。お家で勉強する習慣をつける前に、塾で勉強する習慣をつけてもらいたい。だったら、まずは普段の授業以外に自習しに来てもらい、質問しやすいように皆で声かけをすることにしました。

 

吉井くん(仮名)は漢字の書き取りが苦手です。その代わり絵を描くのが得意です。だから、まずはホワイトボードに字を大きく書き、漢字の成り立ちから情景をイメージさせるために絵に描かせてみると頭に入りやすいです。そういえば、吉井くん以外にも漢字が苦手な生徒は多いです。だったら、講習中に漢字プリントをしたり、自習中の生徒にも配布できるのでは?といった意見が出てきます。

 

8月からいよいよ夏季講習が始まります。「この生徒は夏季講習が終わったときに、どうなっているのか?」を講師は考えて準備をしています講師ミーティングでインプットしたことをアウトプットしていきます!

2014年

7月

23日

さあ、本気で夏休み

こんにちは。

自在塾講師の田中です。

 

夏休みが始まりましたね。高校受験生にとって夏休みは天下分け目の天王山です。夏休みに本気で勉強を頑張った人が合格を手に出来ると言っても過言ではありませんそこで、今回は、夏休みの受験勉強のポイントを2つご紹介します!

 

1つ目は、国語・数学・英語の3教科の基礎固めをしましょう。この3教科は、中学1~2年生の学習内容を基礎として、3年生の学習内容を積み重ねていきます。だから、夏休みこそ、国・数・英の中学1~2年生の学習内容の復習や、苦手な単元の学習に力を入れていきましょう

 

2つ目は、基本的な問題を徹底的に行うことです。難しい問題を正解すると嬉しいですね。でも、難しい問題を解くには時間もかかりますし、苦手な単元の問題であれば最初から手が出ないことも多いと思います。公立高校の入試問題を見ると難易度と点数配分は比例しません。つまり、基本的な問題を確実に正解するだけで合格圏内に入れたりします。逆に、みんなが解ける問題を落としてしまうと確実に不利になります。この夏休みに、基本的な問題を確実に解く練習をしておきましょう。

 

この2つのポイントを参考にして、毎日勉強を頑張って下さい。勉強を続けることは大変なことですが、夏休みに頑張った分だけ必ず結果として出ます夏休み明けには皆さんがワンランクもツーランクも上の受験生になっていることを期待しています!

2014年

7月

16日

集中すること

こんにちは!

自在塾講師の菊地です。

 

7月も中旬に入り、暑い日々が続いて

いますね。私は早速クーラーに

頼ってばかりですが、俗に言う

「クーラー病」にならないか

今から心配しています。

 

さて、暑いとなかなか勉強にも

集中できませんよね!

なので今回は「集中」について 

書いていこうと思います。

 

集中できる環境は人それぞれ

違うでしょう。図書館や自室など

静かな環境が集中できるという

人もいれば、喫茶店などの少し

ザワザワしたところが集中できる

という人もいると思います

 

実際、私の友人はテスト前になると

空いている時間を見計らって

喫茶店に行き、勉強していました。

友人いわく「人に見られていると

サボろうという気が起きない!

そうです。

 

また外に行かなくても、

リビングなど自分以外の人がいる

環境だと、見られている感じ

して集中できるかもしれませんね。

 

勉強法を工夫するのと同じで、

ぜひ勉強場所も工夫してみて

ください!

 

それでは今週も頑張りましょう!

2014年

7月

11日

夏休みの過ごし方

こんにちは。

自在塾講師の青木です。

 

4月に新学期が始まったと思ったらあっという間に夏休みが始まりますね。学校が休みになるので、やりたいこと、楽しみにしている計画などがたくさんあるでしょう。

 

そこで、皆さんの夏休みの計画の中にぜひ1学期の総復習を組み入れてください。毎日授業、部活、学校行事と忙しく過ごして、学校の授業で分からなかった単元、不安の残る箇所などを休み中に最低でも1回は復習して下さい。

 

例えば、英語ならば、1度覚えた単語をもう1回復習するなど自分で毎日テーマを決めて短い時間でいいので必ず実行してください。きっと充実した夏休みになるでしょう。

 

必ず結果はついてきます

 

それでは皆さん身体に気をつけて楽しい夏休みを過ごしください。

2014年

7月

01日

夏のお知らせ

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

子どもたちの待ち望んだ夏休みが日に日に近づいていますが、私たち親にとっては慌ただしい日々へのカウントダウンとなります。写真は3歳の娘が、父の日にプレゼントしてくれた私の似顔絵です。どう見ても人ではありませんが、彼女にとって私は「何でも叶えてくれる大好きな猫型のパパ」なんだと好意的に受け止めることにしました。娘の成長を実感しながら、来年の父の日が楽しみになりました。

 

さて、自在塾では、夏休みに向けてあわただしく準備を進めています。

 

(1)3者面談77日〜711

成績のこと、進路のこと、学校のこと、ご家庭のことなどを、ざっくばらんに話せる場にしたいと思いす。3060分と限られた時間ですが、前もって生徒の皆さまと面談したことをご家庭にフィードバックします。

 

(2)夏季ガイダンス82

3生は特に夏休みをどう過ごすかによって、受験モードに早く切り替われるかどうかが決まります。また、中1、中2生にとっては、勉強や将来について考える良いキッカケになるかと思います。今回は場所も、7月末から開校します新教室(市川中央教室)を予定しております。いつもと違った雰囲気のなか、楽しく、真剣な時間を一緒に過ごしましょう!

 

(3)夏季講習84日〜828

お盆の週を除く3クールに渡って、夏季講習を行います。得意科目をより一層伸ばしたい一方、苦手科目に対してどう取り組めば良いのかが分からない方、通常授業では受講していない科目を夏休みに集中して受けたい方、是非とも受講して下さい!

 

また、自在塾に興味のある方、通常授業を受講する前にどういったところなのかを体験したい方につきましても、下記からお問い合わせをお待ちしております

2014年

6月

25日

成長ホルモンの話

こんにちは。

自在塾講師の田中です。

 

今回は、今日常識になりつつある成長ホルモンの話です。

成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌されるペプチドホルモンの一種で、その役割は、

①体の成長を促がす

②体の修復を助ける

③血糖値を上昇させたり、体脂肪を分解してエネルギー代謝

 を上げる

という3つに分類されます。

 

そして、成長ホルモンは、子供時代における成長期に多く分泌されます。成長ホルモンは、筋肉・骨・脳細胞を増やし、その結果、子供はグングン成長します。20世紀には、成長ホルモンは成長期だけ分泌され、大人になると分泌されなくなると考えられていましたが、量は減ってしまいますが分泌されます。例えば、大きな怪我をしたりすると、体を修復するために、脳がホルモン分泌命令を出すのです。

 

そして、成長ホルモンが多く分泌される時間帯が次の3つです。

①筋肉トレーニングの直後

筋肉トレーニングの結果、筋肉に乳酸が溜まると、ホルモン分泌スイッチが押されます。

②ゴールデンタイムの睡眠時

ゴールデンタイムの午後10時から午前2時に多く分泌されます。

③空腹時の食事の時

空腹を感じてお腹がグーグー鳴っている時に、胃の粘膜でグレリンという物質が分泌され、それが脳下垂体を刺激してホルモンスイッチを押します。

 

これらのことから考えると、成長ホルモン分泌条件を良くするには、筋肉トレーニングなどの運動をして、お腹がグーグー鳴ったら、夕食をしっかり食べて、2~3時間経過してゴールデンタイムになったら熟睡することです。つまり、適度の運動と規則正しい生活こそが、成長ホルモン分泌には最良の方法だということです。

 

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

2014年

6月

17日

自己流勉強法 

こんにちは!
自在塾の菊地です。

 

6月も中旬に入り、日中の気温が30℃を
超える日も多くなりましたね!
カラッと晴れた暑い日は、自然と
元気になれる気がするので大好きです。

これから七夕や花火に夏祭り、海開きなどが待っていると思うと、いてもたってもいられません。

 

と、余談はさておき本題に入ろうと思います。
勉強法」と聞いて、皆さんは何を連想しますか?

 

・暗記するために音読する。
・語呂合わせをつくる。
・ひたすら書く。
・同じ問題集を何度も解く。
・予習や復習をしっかり行う。

等でしょうか?


書店でもたくさん勉強法の本が置いてありますし
ネットで検索してもたくさん出てくると思います。
もちろん、塾や学校の先生に聞いても良いですね!
たくさんの勉強法を試して自分に合うものを
探すのも、とっても良いことだと思います。

 

しかし1番大切なことは「楽しむこと」だと私は思うのです。

 

「勉強なんて楽しいわけないじゃん」
と言われるかもしれません。確かに勉強そのものを

楽しいと思える人は少ないでしょう。ここで大切なのは

自分が楽しめるように「工夫」することです!

 

たとえば語呂合わせをつくるにしても好きなアニメや
漫画の内容を取り入れたり、新しい筆記用具を使ったりする等
工夫次第で何百通りもの「勉強法」ができると思います。

 

ちなみに私は勉強するとき、自分に覚えこませようと

するのではなく教える相手がいるという設定で、

「架空授業」のようなことをしています。

変だと思いますが、とにかく自分なりに
工夫することが大切なのです!

 

ということで、ぜひ皆さんも小さなことでいいので

勉強が楽しくなるような工夫を考えてみてください!

 

では、今週も頑張っていきましょう!

2014年

6月

11日

新しい単語の覚え方

こんにちは。

自在塾講師の青木です。

 

中学1年生は,中学校生活も3ヶ月が経ち、勉強や部活など忙しい毎日を過ごしていることと思います。

そして、初めての定期試験も近づいてきています。

 

そんなある日、生徒さんから「英語の単語がなかなかおぼえられない」という悩みを聞きました。そもそも英単語は、

音とスペルが一致しない

アルファベットの組み合わせが同じでもいつも同じ発音をするとは限らない

という大きな特徴を持っています。

 

でも、小学校ですでにローマ字を学習して読み方にはもう慣れているのですから、そんなに難しく考えないでください。そして、新しい英単語に出会ったら、ローマ字の読み方をおおよその目安にして、声を出して発音し、繰り返し書くことによって自然と頭の中に入っていきます。これは、他の全ての技術の修得と同じことだと思います。

 

このようにして、新しい英単語をどんどん吸収して、英語学習に励みぜひ定期テストで良い結果を残してください。

2014年

6月

04日

コミュニケーション強化月間始めました

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

半袖のシャツの軽やかさが、なんともうれしい季節になりました。私の息子と娘はともにシャワーを浴びたかのように汗びっしょりになって幼稚園から帰ってきます。子どもの新陳代謝の良さには驚かされます。

 

さて、最近意図的に生徒との「コミュニケーションの取り方」を変えてみました。普段授業を担当していない生徒に対して、どうやったら上手くコミュニケーションが取れるのかを考え、次の3つのことを試みました。

 

l   ジェンガでリフレッシュ

眠くなった生徒を見かけては、ジェンガ対決を挑みます。眠くては集中して勉強することができないからです。「負けたら自習して帰ろうね」と言うと、生徒も思いのほか本気になって勝負してくれます。ジェンガの崩れる音は気分をスッキリさせてくれるので、後半の授業に集中して取り組むことができます。

 

l   隠れ身の術

時々、教室の空いている席でデスクワークをしながら、授業中の様子に聞き耳を立てています。講師は勉強を教えるだけでなく、適宜雑談を入れて授業をします。そのやりとりから、最近の出来事や、勉強の出来ているところや苦手なところを知ることができます。生徒の近くにいることで、授業が終わったらすぐに声がかけられます。

 

l   ホウ・レン・ソウ

いつもと違うちょっとした変化は、できるだけ保護者の皆さまにお伝えし、共有するようにしています。すると今度は家や学校の様子など、塾では見えなかったことを教えてもらうことができます。必要に応じて、そのことを講師に伝え、生徒とのコミュニケーションをより一層深めてもらいます。

 

 

これらのことが全てうまくいくとは限りませんが、結果的に生徒とのコミュニケーションにつながっていけば良いと思います。

2014年

5月

28日

フライングのすすめ~後編~

こんにちは。自在塾講師の田中です。

 

(前回からの続き)授業中集中するには何が必要か?

それは、睡眠と朝ごはんです!いろいろな統計でも言われていますね。特に、朝食を抜いてしまう人は、脳にエネルギーを送れないので、脳の働きが悪くなるそうです。

 

そして、しっかり朝食を取るためには、早めに起きることが大切です。入試の本番の試験時刻も朝からです。入試当日だけ早起きしても脳は目覚めてくれません。今から1時限目から勝負できる身体にしておきましょう

 

それでも朝起きるのはつらいことはあります。そんな人は,   楽しみなことを朝にもっていく方法があります。早起きして、朝ゲームをする、TVは録画して朝見る、など自分がやりたいことを朝にやるようにすると起きるのが楽しくなるかもしれません。「遠足の朝」方式ですね。早く起きるだけで、受験勉強スタートです。

 

まさにフライングスタート!でも、受験勉強ではペナルティにも失格にもなりません。皆さんが受験勉強の最高のスタートダッシュを切れることを祈っています!!

2014年

5月

21日

フライングのすすめ~前編~

こんにちは。自在塾講師の田中です。

 

中学3年生はいよいよ受験生ですね。

 

当たり前のことですが、いったいどの位の中学3年生が、自らを受験生だと自覚しているでしょうか。ほとんどの中学3年生は部活動が終了して「受験頑張るぞ!」となるでしょう。部活動と受験の両立は難しいことです。

でも、夏・秋に受験一本になるほうが難しいかもしれません。

今から部活と受験両立のスタートの方が、時間の有効利用にもつながります。

 

そして、限られた時間を有効に使うには、やっぱり学校の授業です。誰にも邪魔されずに集中できるのも学校の授業です。夜遅くまで勉強しても昼間の授業が身に入らなければ効率が悪すぎます。1時限50分として5~6時間、計算すると250~300分、4~5時間にもなります。学校以外で4~5時間も勉強できる人が市川市に何人いるでしょう。

 

つまり、授業中の吸収率の高い人が出来る人です。では、授業中集中するためには何が必要か?それは、次回に詳しくお伝えします。

 

乞うご期待!!

 

2014年

5月

14日

五月病

こんにちは!自在塾の菊地です。

 

もう5月に入り暖かくなりましたね!

暖かくどころか昼間は半袖でも

暑い日もあり、季節の移り変わる

速さに驚いています。

 

 

新学年になり、新しいクラスや

友達には慣れましたでしょうか。

疲れが出やすい時なので、

頑張りすぎず適度に休んで下さい。

 

さて、5月といえば「5月病」。

この言葉を聞いたことがある人も

多いのではないでしょうか。

症状の重さに幅はあれど、少し

やる気が出ないなあなんてことを

思うことも多くなる季節です。

 

やる気が出ず、勉強に手をつけられないまま

日数が過ぎると焦りが出てきます。

 

焦りが出てくると、もう何から

手をつけて良いかわからなくなり

どんどん勉強しなくなってしまう

ということもあります。

 

私も中学生の頃、やる気が出ないまま

1週間また1週間と過ぎてしまったことが

よくありました。

 

その時は、とりあえず机に向かって白い紙に

今やるべきことを書き並べてみましょう

そして、その事柄を1日何ページずつ

進めれば良いか、など考えて行くと自然と

気持ちが楽になって、「やってみるか!」

という気分になれるはずです。

 

いつも口を酸っぱくして言いますが

1日少しずつでも良いので、

勉強する習慣をつけましょう(^O^)

 

コツコツとした積み重ねが、いつか

壁に出会ったときに壁を越えるための

足場となるはずです!!

 

 

では、また明日からも頑張りましょう!

2014年

4月

30日

初めての英語

みなさん、こんにちは。

自在塾英語担当講師の青木です。

 

昼夜の寒暖差はまだありますが、日中はTシャツ姿の人を

見かけるほど温かくなりましたね。

 

さて、中学生になると英語の勉強が本格的にスタート

しますね。そんな中学1年生は、英語の数字やあいさつを現在勉強しています。

 

日頃聞きなれた言葉や数字のスペルが、音と一致しない

単語や、thの発音、lrの発音の違い等々一つずつ学習

しています。

新しい単語は音とスペルを声に出して

耳と目から一緒に覚えてもらうようにしています。

 

英語を好きになってもらい、みなさんの将来に役立てる

初めの一歩のお役にたてるよう心がけています。

 

 

2014年

4月

23日

気持ちを新たに

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

入学シーズンとなり、初々しい新入生の姿を見かけるようになりました。

我が子も今年度から兄妹で同じ幼稚園に通うことになりました。

 

送り迎えに行くと、「ママが良い!ママが良い!」と泣かせてしまうこともしばしばです。毎朝、母親の偉大さを感じながら通園しています。そして、いつか「パパが良い!」と言ってもらえるまで、頑張ります!

 

 

 自在塾でも新しく入塾した生徒や新中1年生がいます。

初々しさがとても新鮮で、授業も真剣に聞いてくれています。このフレッシュな気持ちを忘れないように勉強や部活を

楽しんで欲しいと思います。疲れたら少し休みながら、自分の生活リズムを徐々につかんでいきましょう。

 

 また、授業に身が入らず、なかなか集中できない、授業中

すぐに眠くなるといったことも、慣れてくると出てくるもの

です。それは、もしかすると何のために勉強しているのかを

見失っていたり、または、ただ漠然と勉強しているだけなの

かもしれません。目的を持たずに勉強していては、モチベー

ションも上がりませんね。

そんなときは、保護者の方や友達、先輩、学校の先生、

もちろん塾の先生に、思っていることを話してみましょう。

どんなことでも良いのです。話すことで、もしかするとその

答えやヒントが出てくるかもしれません。

 

 

 自在塾は勉強するためだけの場所ではありません。

嬉しかったことや、悩んでいること、どんなことでも遠慮なく先生に話してみてください。

2014年

4月

16日

苦手を作ろう

こんにちは。講師の田中です。

 

新学期が始まってから少し経ち、いよいよ新しい学年の勉強が本格的になってきたのではないでしょうか。

 

そんな時は、どんどん苦手をつくりましょう。

 

苦手とは

③不得手。不得意。「数学は――だ」(広辞苑)

 

苦手をつくるといっても、広辞苑の例文のように

「数学は苦手だ」はちがいます。

とことん数字を勉強した人が「数学は苦手だ」と言うべきで、宿題しかやっていない人は「数学は少ししかやっていないからできない」と言いましょう。

 

宿題をやったらもう少しだけ先をやってみましょう。そして、スラスラできたら自分を褒めましょう。

できなかったら塾の先生に聞きましょう。どの先生も喜んで

ヒントをくれたり、詳しく説明してくれたりします。

少しわかってきたら問題をやってみましょう。

 

それでもできなかったら、それが苦手です。

 

そしたら、先生にもっとわかりやすく説明してもらい、問題に挑戦してみましょう。そんなことをしていると、苦手=不得手,不得意から「不」の字が取れて、得意になっています。

 

 

苦手という表現を使うときには、

 

「分数のたし算・ひき算が苦手」

「立体図形の展開図が苦手」

「命令文とLet’s~が苦手」

someanyが苦手」

 

などと具体的な単元名で言いましょう。

 

そしてそれを得意な単元にしていきましょう!

2014年

4月

09日

いよいよ新学期スタート!!

こんにちは!自在塾の菊地です。

 

春休みも終わり、新学期が始まりましたね。

塾では春休みの短さを嘆く声がしばしば

聞こえてきました。春休みに行われた春季

講習で、皆さん自分の苦手分野を少しでも

克服できましたか?まだわからない部分が

残っていたりモヤモヤしていたら、

気軽に塾で質問してくださいね!

 

 

さて、学年が上がり新たに教科書も配られたことでしょう。

新品の教科書を見るとワクワクしませんか?

(私だけでしょうか…)

新学年の勉強がはじまったばかりの今こそ、新たなニガテを

作らないように、地道な「予習・復習」を繰り返しましょう。

毎日学校や塾から帰ったあと、30分でも良いので習った内容を

ノートなどを見ながら思い出してみましょう。

「めんどくさいなあ」と思ってしまうかもしれませんが、

テスト前に焦って一夜漬けをするよりは大変では

ないはずです!

 

予習・復習の仕方がわからなかったら、私たち講師や

学校の先生、周りの友達に聞いてみて下さい。

いろいろな方法を試すうちに自分に合った方法が見つかるはずです。

 

では、新学期も頑張っていきましょう!

2014年

4月

02日

出会いの季節

こんにちは。自在塾英語担当講師の青木です。

 

春は別れと出会いの季節ですね。
校長先生が退職されたり、部活の顧問の先生が異動されたり
とみなさんの周りの環境が急に変わって、戸惑っている(!?

ことと思います。
でも新学期になれば新しい出会いが待っていて、
今までにはない新しい経験がみなさんをさらに成長させて

くれるでしよう。
こういう繰り返しで人は成長していくのだと思います。

 

春季講習4日間で2年生までの復習、新しい単元の現在完了を勉強しましたね。
教室では練習問題を順調に解いていました。
明日からの4日間で必ず今までの復習をしてほしいのです。
繰り返しこそが自然に身体にしみこんでいくのだと思います。
せっかく4日間で積み重ねた貴重な知識と学力を決して

 

無断にしないよう、さらなるステップアップの一助にしてください。

2014年

3月

26日

春季講習がはじまりました!

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

先日、生徒が一生懸命鉛筆を削っていました。

私の子どもの頃は美術のデッサンのときだけ

鉛筆を使い、普段はシャープペンシルを

使っていたものです。

 

手回しで鉛筆を削る様子を久しぶりに見て、

「そういえばこんなふうに鉛筆を削っていたなー。」

と懐かしい気分になりました。

キレイに尖った鉛筆で授業に挑む生徒を見て、

「私も頑張ろう!」とかき立てられました。

 

 自在塾では325日から春季講習が始まりました。

新学期に向けて前学年の総復習や次学年の予習を

4日間集中して行います。

普段の授業は60分ですが、講習中は90に変わります。

授業後に

90分授業だけど大丈夫?長くない?」

と声をかけると、

「普段もこれくらいの方が良い!」

と頼もしい答えが返ってきました。

学年が上がったせいもありますが、

学ぶ意欲を感じて嬉しくなりました。

 

 また、講習のときは通常授業とは別の講師が

授業をすることもあるため、普段と違った緊張感を

持って授業を受けることができます。

講師も、集中力の途切れた生徒に対しては、

「もうすぐ半分だね。」「あと30分だね。」

とこまめに声掛けをしたり、

おしゃべり好きな生徒に対しては、

しゃべり過ぎないようにあえて雑談を少なめにするなど、

生徒に合わせて授業を工夫しています。

 

 春から良いスタートがきれるよう、また

この新鮮な思いを忘れないよう、講師一同

 

気持ちを引き締めていきたいと思います!

2014年

3月

19日

イメージしてみよう!

皆さん、こんにちは!

自在塾講師の菊地です。

 

早いもので3月も下旬に差し掛かり、

日差しが暖かく感じられる日も

多くなってまいりました。

 

 

さて、最近の塾でよく聞く言葉に

「もう年生になるのか!」という言葉があります。

新学年に向けて様々な思いがあることでしょう。

特に新中3年生は、受験生と呼ばれる学年に

なったことで不安や憂鬱を感じていると思います。

 

先日のブログで青木先生が仰っていたように、

中長期計画を立てて具体的なイメージを持つことは、

 

とても大切なことです。

 

具体的なイメージとして、それに加えて

「自分のやりたいこと」も考えてみましょう!

 

新中3年生は高校で何をしたいか、

新中12年生は新学年になるにあたって、

どのようなことが出来るようになりたいか、など

部活のことでも何でも良いです。

 

それに伴って、どんな勉強をしたら良いのか、

どのように部活と勉強を両立させたら良いのか、

など様々なことを考えられるはずです。

 

まずは、何かしらの具体的なイメージを持ちましょう!

 

 

以上、菊地でした。

2014年

3月

12日

学習計画を立てて実行しよう!

みなさん、こんにちは。

自在塾英語担当講師の青木です。

 

もう入学、お花見シーズンも間近ですね。

今年も瞬く間に2ヶ月過ぎてしまいました。

こうして新中3生もあっという間に

受験シーズンに突入すると思います。

これからの約10ヶ月、長中期計画を立てて、

目標に向かって充実した時を過ごしてください。

 

後から振り返った時に

「自分ってこんなにがんばれるんだぁ」と

この気持ちがみなさんの人生の宝物になると思います。

きっと来年の今頃はみなさんも私も心から

「よかった!!」と

 

お互いに喜びを分かち合っていることでしょう。

 

2014年

3月

05日

3年生、卒業おめでとう!

皆さん、こんにちは!

 

自在塾講師の小久保です。

 

2月も終わりに近づき、最近は

少しずつ暖かくなっているように感じます。

 

 

つい数日前までは、自在塾の前に先日の大雪で積もった雪が

少し残っていたのですが、いつの間にか

全て解けてしまいました。

大雪が降った日は雪かきなどで大変でしたが、

今となっては良い思い出ですね。

 

自在塾では、222日に中学3年生の卒業祝いを行いました!

 

卒業祝いでは、まず中学3年生から12年生に向けて、

受験の体験談を話してもらいました。

体験談の内容は、受験生時代の苦労や勉強方法、

志望校を決めた時期や理由などについてで、

12年生の生徒たちは興味津々といった様子で

話に聞き入っていました。

自分も、その横で3年生たちが受験勉強で苦労していた姿を

思い出しながら、なつかしい気持ちで話を聞いていました。

 

3年生は謙遜して、面白おかしく受験生時代の話を

していたので、12年生に受験の大変さが

伝わったかどうか心配ですが、今回の体験談を通して

受験に対するイメージが少しはっきりしたのではないかと

思います。

 

そして、体験談の発表が終わった後は、みんなで

お祝いのケーキを食べて、イベントを締めくくりました。

 

生徒が無事に卒業していくのは嬉しいことですが、

毎年のことながら、やはり寂しい気持ちにも

なってしまいますね。

 

自在塾は卒業した生徒にとっても、気軽に立ち寄れるような

場所であれば良いなと思っています。

将来、卒業生が成長した姿を見せに来てくれることを

楽しみに待っています。

 

 

以上、小久保でした。

2014年

2月

26日

大雪から学べたこと

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

2月は2度にわたって大雪に見舞われましたが、

みなさんはいかがだったでしょうか?

自在塾ではちょうどその大雪の日と

定期テスト対策会が重なってしまいました。

 

定期テスト対策会とは、テストの2週間前に

自習室を開放し、分からないところを

講師に質問できるようにするものです。

 

 直前に中止のお知らせをしたのですが、

連絡が間に合わず二人の生徒が塾に来てしまったのです。

私は大雪という非常事態に焦ってしまい、

対応にバタバタするばかりでしたが、

塾長先生は冷静に、

「このくらいの雪だったら、

 歩いたら塾に来られるから大丈夫。

 勉強に限らず何でもすぐに諦めてしまっては

 生徒のためにならないのだよ。」

と生徒を迎え入れ、当たり前のように補習を始めました。

 

 生徒も90分間集中してワークを解いていきました。

集中力が切れ始めた頃、

塾長先生が「そろそろ雪かきをしよう」と言うと、

二人の生徒は目を輝かせ、

元気に大雪の降る外に出て行きました。

自在塾から続く小道まで、

大人も子どももみんな童心に返り、

一心不乱に雪かきをしました。

とても寒かったのですが、みんな元気よく、

とても楽しい時間が過ごせました。

 

 自在塾は勉強だけでなく、こうした生きる上で

必要なことを自然と学ぶこともできます。

そして、いつの間にか生徒自身もたくましく

成長していくのです。

今回の大雪を通して、改めて自在塾生徒のたくましさ

 

感じることが出来ました。

 

2014年

2月

19日

勉強する上で必要な習慣

こんにちは!

自在塾の菊地です。

 

先日のブログにも書かれていた通り、

自在塾の中3生全員が見事第一志望校に

合格することができました。

 

 

中には塾で高校のホームページ上の合格発表掲示を

見た生徒もおり、「合格」の2文字を見た瞬間

「よっしゃー!」と叫んでいる生徒もいました。

私も生徒の喜ぶ姿を見ることができて、

とても嬉しかったことを覚えています。

 

そして受験が終わった今、

大いに羽を伸ばしたい時期でしょう。

ただ、先週のブログで青木先生も書かれていた通り、

今までがんばって培ってきた力や知識が

消えていかないように高校入学まで

毎日少しずつでいいから勉強を継続することが

とっても大切になってきます。

 

また受験生ではない中1・中2生も、

受験に備えて少しずつでも勉強時間を

増やしていく必要があります。

まずは学校や塾から帰ったら

ゲームをしたりマンガを読んだりする前に

机に座って、復習をする時間を30分で良いですから

取ってみたらどうでしょうか?

 

この習慣ができているかできていないかでは、

受験モードに切り替えるスピードに

大きく影響してきます。

学習机の上が散らかっていて勉強できない!

なんて人は、まずは整理整頓をして、

机に向き合う時間を少しでも作りましょう。

 

口うるさいようですが、このような細かい習慣の

積み重ねが勉強する上では大切になってきます。

 

ぜひ実践してみて下さい!

2014年

2月

12日

合格おめでとう!

こんにちは。

自在塾英語担当講師の青木です。

 

中三生のみなさん、

合格おめでとうございます。

晴れて4月からは高校生ですね。

 

今までの努力が実を結び、本当によかったですね。

きっと今は解放感に浸って、

思いっきり羽をのばしたい時だと思います。

大いに羽を伸ばしてください。

 

ただ、今までがんばって培ってきた力や知識が

消えていかないように、

高校入学まで毎日少しずつでいいですから

勉強を継続してください。

いつかきっと「勉強しておいてよかった~」と

思う時があると思います。

 

ぜひ今度ピカピカの高校生の姿を見せてください。

2014年

2月

05日

合格発表

こんにちは!

自在塾講師の小久保です。

 

先日、自在塾の中3生の入試結果が

全て発表されました。

 

結果は・・・

 

見事全員第一志望に合格することができました!!

合格の報告は、電話で伝えてくれた生徒や

授業に来た時に教えてくれた生徒のほか、

中には授業日ではないもかかわらず、

わざわざ塾まで来て直接報告してくれる生徒もいて、

生徒たちの喜びが非常によく伝わってきました。

 

また、講師である自分も、これまで生徒たちが

合格をつかみ取るためにどれだけ

苦労してきたのかを見ている分、

合格の報告を聞いた時には、

言葉にできない喜び達成感に満たされました。

 

そして中3生の受験が全て終了したので、

今月の22日(土)に自在塾で卒業式を行います。

卒業式では、中3生から中21生に向けて

受験の体験談アドバイスを話してもらい、

その後、講師と中3生で一緒に夕食を作る予定です。

3生と夕食を囲みながら、

高校入学後にしたいことや将来の夢などについて

話すのが今から楽しみです!!

 

3生は入試が終わり、一息ついている頃だと

思いますが、まだまだ寒い時期が続くので

体調管理に気をつけながら、

学年末テストに向けて準備を進めましょう。

 

写真は中3生を応援するために配布した

学業成就鉛筆です。

 

講師たちの祈りが届いたようですね。

講師たちの祈りも一緒に!
講師たちの祈りも一緒に!

2014年

1月

29日

面接で大切なこと

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

自在塾では受験直前の中3生に対して

面接対策を行います。

事前に面接で聞かれそうな質問を伝え、

生徒に考えてもらった上で本番に

近い緊張感の中で面接の練習をします。

 

入退室時のお辞儀や挨拶、目線や声のトーン、

質問に対する受け答えなどをチェックします。

 

・いつもは物静かな印象なのに、

 面接になると上手に自分を表現できる生徒。

・しっかり準備して考えてきたはずの志望理由が

 緊張のせいで忘れてしまった生徒。

 

最後に面接を通して感じた気づき

振り返りの時間で共有します。

「ここがすごく良かった」「こうしたらもっと良いかも」

「この受け答えには、どういう意図があったの?」など

じっくり話し合います。

面接の緊張から開放された生徒は、ようやく笑顔になって

自分の想いをいつも以上に伝えてくれます。

生徒は自分で気づくのです。

 

面接で大切なことは、

小手先のテクニックや受け答えの内容ではありません。

緊張しても良いので、その中でありのままの

自分の想いを相手に伝えられるかなのです。

2014年

1月

22日

勉強する理由

こんにちは!

自在塾講師の菊地です。

 

早いもので、ついに受験シーズン

やってまいりました。

街中はすっかり受験応援ムードになり、

自在塾でも太宰府天満宮や湯島天神の

合格祈願鉛筆を受験生に配布して

応援しています。ガンバレ受験生!

 

授業をしていても「来週の授業が受験前最後だ!」等の

言葉が聞こえます。

こちらとしても大変緊張する一言ですが、

「いつも通りの自分でいれば大丈夫!」

という自信を持って、本番に臨んでほしいものです。

 

さて、しばしば授業をしている中で

「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれます。

勉強するのは、果たして学歴で自分を着飾るため、

または良い企業に就職するためでしょうか

そのような目的での勉強は、いつか退屈になって

しまうはずです。

 

私が思うのは、誰かと比べるためではなく、

ただ成功するためではない、

自分自身の人生で他の誰でもない自分を輝かせるために、

「勉強」という道具を使ってほしいということです。

勉強は一見無味乾燥ですが、よくよく見てみると

皆さんのにつながっています。

 

受験生の皆さんも、辛く大変な時だとは思いますが、

こんな時だからこそ将来の自分を想像しながら

勉強してみてください。

きっと、少し勉強がはかどるはずです。

最後まで自分を信じて、受験を戦い抜いてください。

 

それでは、寒いですが風邪に気を付けて

 

頑張っていきましょう!

2014年

1月

15日

我武者羅(がむしゃら)に

こんにちは。自在塾英語担当講師の青木です。

 

3生は、それぞれの受験日までの

カウントダウンが始まりましたね。

寒さもいちだんと厳しくなってきました。

風邪などひかぬよう、体調にはくれぐれも

気を付けてほしいと思います。

 

入試当日は問題の指示をしっかり読み

「つまらないミスはしない」と自分自身に

言い聞かせながら本番に臨んでください。

 

今が一番辛く、厳しい時だと思います。

長い人生で誰でも「がんばりどきーここは歯を

食いしばって何が何でもがんばらなくちゃ」

という時があると思います。

今がその時だと思います。

がむしゃらにがんばってください。

 

この経験と努力がきっとみなさんの

将来の糧となるでしょう。

 

祈、合格!

2014年

1月

08日

冬季講習が無事終了!!

新年明けましておめでとうございます!

 

自在塾講師の小久保です。

 

2013年もあっという間に過ぎ、

とうとう2014年になりました。

 

新年の自在塾は16日から通常授業を開始しましたが、

今年は145日と冬季講習があったので、

「今年最初の通常授業だ!」といった新鮮な雰囲気が

あまり感じられず、どこか不思議な気分になりました。

冬季講習に参加した生徒もそんな気分になったのでは

ないかと思います。

 

それでも、生徒達が気持ちを切り替えて勉強できるよう、

講師陣はいつも以上に元気に授業を行っていました!!

 

さて、生徒の皆さんは冬季講習の間に、

苦手科目に集中的に取り組むことができ、

また一歩成長することができたのではないでしょうか?

そして、中3生は過去問応用問題

多く取り組んだことで、入試に向けて

さらに自信をつけることができたと思います。

 

また今回の冬季講習では、生徒たちの

国語の論述に不安を感じる」という声に応えて、

新たに記述・作文問題対策講座を開講しました。

初の試みでしたが、参加した生徒からは

高い評価を得ることができたので、喜ばしいかぎりです。

今後もより多くの生徒に本講座を受講してもらうことで、

国語の論述に不安を感じる生徒を減らしていければと思います。

 

写真は、去年のクリスマスにサンタさんが

生徒達にお菓子を配っている時の様子です。

生徒達に元気を与えられるよう、

 

定期的このようなイベントを行っています。

サンタさんがやってきた!?
サンタさんがやってきた!?

2013年

12月

18日

受験生の敵は「油断」とあともう1つは?

こんにちは!自在塾講師の菊地です。

 

近頃ぐっと冷え込んできましたね!自在塾では、すでにインフルエンザにかかった生徒も出てきています。これは全員に言えることですが、特に受験生は本番で全力を尽くすためにも、体調管理が非常に大切になってきます。

 

面倒くさくても、家に帰ったら「うがい・手洗い」をするようにしましょう!

 

さて、12月も下旬になり、来年へのカウントダウンが始まると同時に受験へのカウントダウンも始まっています。

おそらく受験に関する似たようなことは、学校や家庭で耳にタコができるほど聞かされていると思います

 

…そうすると、急に周りの友達が頭が良くなったように

見えたり、自分より何倍も勉強しているように見えてきたりして、焦ってきている人もいるのではないでしょうか?

 

油断大敵ですが、焦りも同じくらい大敵です。

不安になったときは、自分が今まで使ってきたノートや点数の良いテストを見返してみたり、簡単な問題を解くと、「自分もできるじゃん!」と、少し自信を付けることができるはずです。

 

逆に勉強したり情報収集したりしていなければ、”受験像”なるものも見えてこないはずです。なので受験に対する不安や焦りは、「努力してきた証」とも言えるでしょう。

 

 

何かあったら、「受験の先輩」として、私たち講師を頼ってくださいね。それでは、今年も残りわずかですが頑張っていきましょう!

2013年

12月

04日

冬季講習を受講する生徒必見!

こんにちは、自在塾の小久保です。

 

自在塾では、もうすぐ冬季講習が始まります!

 

 

 

12の生徒にとっては、

学校の授業が止まっている間に苦手科目を復習したり、得意科目をさらに伸ばすことのできるチャンスです。

 

特に苦手科目の克服を先送りにしている生徒を多く見ますが、中3になってから苦手科目に取り組むのと、今からやるのでは費やす労力が全く変わってくるので、早いうちから手を打っておくことを強くオススメします!

 

そして!中3の生徒にとっては、

とうとう受験前の最後の季節講習になります!ほとんどの生徒は、すでに過去問を解いて自分に足りないところを大体把握できていると思うので、その対策として今回の冬季講習を有効活用してください。

 

また、冬季講習前には受験ガイダンスを行うので、それきっかけに受験勉強に対するモチベーションを高めてもらえればと思います。

 

冬の間に、いかに自分を追い込むことができたかで、どのくらい自信はもって入試に臨めるかが決まります。

 

 

何度も言いますが、今回の講習が自分を成長させる本当に最後のチャンスなので、全力でラストスパートをかけていきましょう!!

冬季講習をお考えの保護者の方はこちらをご覧下さい。

 

無料体験授業をご希望の方は

以下のフォームからお問い合わせください。

 

講師一同お待ちしております!


2013年

11月

27日

定期テスト対策会をやってみて良かった3つのこと

こんにちは。自在塾講師の佐藤です。

 

 

119日と16日に定期テスト対策会を行いました。

 

自在塾では定期テストの3週間前に、集中して勉強できるよう自習室を開放しています。講師が教室に常駐し、生徒がいつでも質問できるようにしています。

 

今回は定期テスト対策会をやってみて良かった3つのことをご紹介します。

定期テスト対策会についてはこちらのブログをご覧ください。

定期テスト対策会ーテストに向けて勉強計画をたてようー

定期テスト対策会

 

1.       静かで勉強しやすい雰囲気

参加した多くの生徒が「家より集中して勉強できた。」と言ってくれました。

家ではどうしてもテレビやゲームなどの誘惑があり、なかなか勉強しづらいものです。

静かな教室で、まわりの生徒のまじめに取り組む姿に感化され、いつも以上に集中して勉強に取り組めたのでしょう。

あまりに集中しすぎてしまい、予定時間よりも長く勉強した生徒もいました。

 

2.       質問しやすい環境

生徒はわからないところが出てきたときに、その場で講師に尋ねることができます。

また、わからない問題でペンが止まっているときには、講師は生徒に声をかけます。

これをきっかけに、「実はこれも解らない。こっちも!」と、次々と質問するようになってくれました。

 

3.       勉強以外のことも話しやすい雰囲気

定期テスト対策会では、自習時間とは別に個別相談もしています。私は中2の生徒と面談をしました。勉強のこと、部活のこと、家庭のこと、塾のこと、友達のこと…

いろんな悩みを打ち明けてくれます。例えば、

 

復習のやり方が分からないから教えて。

部員が3人しかいないけど、これからどうしよう。

お母さんとケンカしちゃった。

 

話していくうちに生徒は自然と笑顔になっていき、面談が終わる頃には、とてもスッキリした表情になってくれました。

 

静かで集中して勉強でき、気軽に相談できる雰囲気が、

自在塾の良いところだと改めて感じました。

 

 

教室責任者の小久保と受験生でガッツポーズ!テストが終わってもこのやる気!
教室責任者の小久保と受験生でガッツポーズ!テストが終わってもこのやる気!

2013年

11月

20日

試験に向けて、勉強と「早寝・早起き・朝ご飯」!

こんにちは!自在塾の菊地です。

うだるような暑さに苦しんだ夏も過ぎ去り、紅葉の綺麗な季節になりましたね!

 

 

 

 

私事ですが、先日新宿御苑に行って、綺麗に色づいた紅葉を見てきました。イチョウ並木を歩きつつ、暖かい秋の日差しに照らされて、少し先に冬が待っていることを感じさせる肌寒い風に吹かれて…何だか素敵な気分になれました。

 

さて、自在塾の生徒たちは今、ちょうど定期テスト期間に突入しています!先週の小久保先生の記事にあったように、私の耳にも

「範囲が広すぎる・・・」

だとか

「今回はいけるかも!」

といった試験範囲に関する話題が入ってきました。

 

 

特に中学3年生にもなると、今までの復習分野がテスト範囲に入ってきたりと、勉強がハードになってくると思います。中には学校の授業が終わった後も教室に残り、その後に塾に来る、というように非常に頑張って勉強している生徒もいるようで、頑張っているなあ…と頼もしく感じると同時に、体調面は大丈夫なのだろうか…と心配してしまいます。


テストに向けて、もちろん勉強も頑張ってほしいのですが

勉強を頑張ることと同じくらい、体調管理も大切です!

ちなみに、あの100ます計算を考案した陰山英男先生も

早寝・早起き・朝ごはん」という標語を謳っています。

 

大切な時期だからこそ、自分の体も大切にしましょう!

私も、「早寝・早起き・朝ごはん」を徹底していこうと思います。

 

 

 

以上、菊地でした!

2013年

11月

13日

勉強への姿勢

こんにちは!

自在塾講師の小久保です。

 11月に入り、一中・二中・大洲中の生徒は定期テストが近づいてきました。学校では試験範囲が配布されはじめ、自在塾の生徒達は「範囲が広すぎる・・・」だとか「今回はいけるかも!」といった試験範囲に関する話題で盛り上がっています。

 

また中3の生徒にとっては、内申に関わる重要な試験でもあるので、いつも以上に気合いを入れて勉強をしている様子が伺えます。

 

 

 

先日、授業がない日だったにもかかわらず、

 「わからない問題があるので教えて下さい。」

と、わざわざ塾に質問に来た生徒がいました。その生徒は、どちらかというと自分から積極的に勉強に取り組む方ではなく、ただ言われたことをこなしているような印象でした。

 

ところが、受け身で教わるだけでは勉強は身につかないということに気付いたようだったので、その時はとても感動して、講師としてのやりがいを感じた瞬間でした!

 

今後も、より多くの生徒が、「先生に勉強を教えてもらっているから、何とかなるだろう」といった受け身の姿勢ではなく、

 「自分は〇〇の単元が苦手で、

  □□の点数をもっと伸ばしたいから、

  先生に教えてもらいたい」

というふうに、自分の頭で考える積極的な姿勢をもつことができるよう、指導に励んでいきたいと思います。

 

 

 

以上、小久保でした。

2013年

11月

06日

分かる喜びを体感しよう!

今日は、初登場の青木先生です!

直筆でブログを書いてもらいました。

 

 

分かる喜びを体感しよう!

 

こんにちは。自在塾英語担当講師の青木です。

3生は今、関係代名詞を学んでいます。

 

"先行詞" "who""which"・・・

初めは誰でも文法に振り回され嫌気がさしてきます。

でも、毎日私たちが話している日本語と対応させ、

こんなふうに英語に置き換えるんだ

と分かればあとは繰り返し。きっと勉強が楽しくなります。

 

食事が身体の栄養となるように、学習も脳の栄養となり、

みなさんのこれからの将来をきっと豊かなものにしてくれるでしょう

2013年

10月

30日

自在塾で働き、私が学んだこと。

こんにちは!菊地です。

 

夏季講習が終わり、2学期最初の定期テストも終わりました。納得の行く結果が出た生徒、そうではなかった生徒、様々でしたが私たち講師も、それぞれの生徒に合わせた指導を日々模索していきます。

 

 

さて、私が自在塾で働き始めてから約7か月が経過しました。

 

自在塾での毎日は、発見の連続でした。働く前は、恥ずかしながら「そこそこ勉強もできるし、教えることもできるだろう」という気持ちがありました。

 

当然ですが自分が学ぶことと、教えることでは性質が全く違います。

 

自分が感覚的に習得したことを論理的に説明することの難しさ、伝えたいことが伝わらないもどかしさ……いつしか「どのような説明が伝わりやすいか」ばかりを考えるようになっていました。

 

しかし、私は一番大切なことを疎かにしていました。生徒の苦手分野を知ろうとする努力はしていたものの、生徒の好きなこと、性格を知ろう努力することを意識していなかったのです。

 

苦手分野に関するプリント、参考書をひたすら解かせる指導もあるでしょう。そのような指導が合っていて、成績が伸びる生徒もいるかもしれません。でも例えば家庭での会話が少ない生徒の場合は、もしかしたら

 

「今日は学校どうだった?」

 

という一言が、成績を伸ばすきっかけになることもあるかもしれません。

 

一人ひとりに寄り添うこと」そして「指導」という言葉の深さを体感いたしました。

 

これからも応援してくださっている方々の期待に応えられるよう、頑張っていきます!以上、菊地でした

2013年

10月

23日

受験生が今すべきこと・中1,2生が今すべきこと

こんにちは。

自在塾講師の瀬良です。

 

10月に入り、少し肌寒くなってきました。季節の替わり目ということで、体調管理には気を遣っていきましょう。

 

 

とくに3生は、部活も引退し、体を動かす時間を割くことが難しいとは思いますが、その分、体育の時間などを活用し、定期的に運動をするように心がけましょう。

 

2学期が始まり1ヶ月半が経過しました。これからが入試へ向けたラストスパートです。実際に、入試問題にチャレンジしている生徒も出てきています。

 

今の実力がどの程度まで入試で通用するのかを肌で感じ、モチベーションを高めるきっかけとなっているようです。

 

今の時期に、夏休みにやったことをもう一度振り返ってみてください。やって終わりにするのではなく、反復することで定着し、力になっていきます。

 

わからない問題は、ノートを見直すなど、まずは自分で考え、それでもわからなければ、講師まで質問にきてください。

 

その際に、どこが分からないかを伝えられるようにすることも大切です。そうすることで、疑問が解消した際に理解が深まります。

 

この時期に12年生は、自分が受験生になった時に、どのようなモチベーションで自在塾に通うとよいのかなどの視点から、3年生の様子を参考にしたり、入試のスケジュールを確認したりして心の準備をしていきましょう。

 

 

それでは、今週も楽しんでいきましょう!

2013年

10月

16日

テスト返却後に自在塾で行う大事なこと

こんにちは!

 

自在塾講師の小久保です。

 

先日、市川一中と市川二中、そして大洲でも定期テストが行われ、10月に入って結果も全て返却されました。

 

自在塾では返却された回答用紙を塾に持ってきてもらい、講師と一緒に解き直しを行いながら、どの単元でミスが多いのかを分析します。

 

しかし、中には「もう見直しをして理解もできているから大丈夫」といった安易な理由で回答を持ってこない生徒がいるのですが、そのような生徒に限って、実際に類題を解いてみると出来ないことが多々あります。

 

これは「答えを理解できる」=「問題を解ける」という勘違いをしている生徒ほど陥りやすいミスで、出来たつもりになって次の単元に進んでしまうとより危険です。

 

講師はいつも口を酸っぱくして、生徒にこのことを伝えますが、実際に体感してみないことには何も分からないので、今回は回答を持ってこなかった生徒は、次回以降必ず持ってくるようにしましょう。

 

 

また、そういう小さなことを積み重ねることで、成績が伸びるということも是非体感してほしいと思います!!

2013年

10月

09日

授業見学をしてみて分かったこと。

はじめまして!

10月から自在塾を運営しているNPO法人ダイバーシティ工房に加わりました佐藤雄大です。よろしくお願いします。

 

 

 

まずは「現場を知る」ということで研修期間中、自在塾の授業見学をしています。スーツ姿の見知らぬおじさんがいたら気軽に声をかけてくださいね!

 

早いもので今年度も折り返し地点を過ぎました。あっと言う間ですね。勉強も部活も少しずつ着実に積み重ねていくことが大切です。

 

そのとき

 年間を通してどうなりたいのか?

 そのために来月は、来週は、明日は

  具体的に何をしないといけないのか?

 まずは今何をすべきか?

そんな風に少しだけ未来を見据えて毎日を過ごしてみましょう。成果は必ず出ます!

自在塾の授業の様子を見学していると、

毎日が気付きの連続です。

 

 ◆この生徒は自分なりにノートの取り方を

  工夫しているから計算ミスが少ないのか。

 ◆この生徒は先生と何度も問答を繰り返して

  暗記しているな。スゴイ!

 ◆この生徒は宿題をちゃんとメモしているな。エライ!

 ◆この生徒はよく喋るけど、集中するときは

  ちゃんとしてメリハリがあるな。

 ◆この生徒は出来なかったところを

  自己分析して反省できている。伸びそうだな。

 

など、ひとりひとり個性があって

素晴らしい生徒だと思いました。

 

これから研修でたくさん学び、たくさん見て

1つでも多くのことを気付いていきたいと思います。

 

 そして生徒たちの素晴らしい個性を

どんどん伸ばしていけるようにしたいです。

2013年

9月

22日

中3生と話していて気になったこと。

こんにちは!自在塾講師の菊地です。

 

9月から新学期が始まり、自在塾では少し疲れた表情の生徒が増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいため、早寝早起きをして十分な食事をし、たっぷり休息をとるようにして下さい!

 

 

 

先日、中3生と話していて気になった点があります。

 

 

「定期テストは範囲が決まっているから勉強しやすいけれど、受験勉強はどこから手を付けたら良いのかわからない。」ということです。

 

 

受験で出題される範囲は、当然ですが中学校で習った範囲全部です。中1の範囲から1つ1つ勉強するのは、大変ですよね。

 

 

 

そこで、効率よく勉強するために模試を活用して下さい!

 

 

模試を受験し答案が返却されたら、点数を確認するだけではなく「どこを間違えたか」を確認して下さい。そこがニガテ箇所です!

 

 

 

模試を複数回受験することで場慣れすることもできますし、また何度も「どこを間違えたか」を確認することで、ニガテ箇所を補強することができます。中1、中2生もニガテ箇所を早期になくせるように、模試の復習は欠かさないようにしてくださいね!

 

 

 

また、余談ですが脳は安静にしていても1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費するそうです。効率よく勉強するために、甘いものを補給するようにして下さい!

 

 

 

 

これからも頑張りましょう!

 

2013年

9月

04日

夏季講習を終えて・・・

こんにちは!自在塾講師の小久保です。

 

先日、自在塾では模試が実施され、夏季講習が終了しました。

 

 

模試を受けてみて、夏季講習を乗り越えて成長した自分を実感した生徒が多かったと思います。

 

努力の成果を出すことができたことは、素晴らしいことです。気を抜かずに、引き続き、受験の日までがんばりましょう。

 

逆にそうでなかった生徒は、「あんなに頑張ったのに悔しい」と感じていることでしょう。

 

しかし、悔しさを感じたということは、夏季講習に本気で取り組んだ証拠です。一生懸命努力しなければ、悔しさという感情は生まれません!

 

大事なのは、その悔しさをバネにして努力を続けられるかどうかです!

 

模試の手応えがあまり良くなかったからといって悲観的になる必要はありません。

 

今後のテストで逆転するチャンスを生かせるかは、悔しさを忘れずに努力を続けられるかどうかにかかっています。

 

これから新学期、

気持ちを新たに頑張っていきましょう!!

2013年

8月

29日

夏季講習 最終クール!

こんにちは!

自在塾講師の菊地です。

 

時間が経つのは早いもので、もう夏休みも終盤です。

つい先日までうだるような暑さにさいなまれていたのにも関わらず、今朝玄関を出ると、少し肌寒いくらいの空気を感じました。刻々と秋が近づいているのですね。

 

涼しくなるのはうれしいのですが、夏が終わってしまうことに若干の寂しさを覚えます。皆さま、悔いのない夏を過ごすことができたでしょうか?

 

さて、自在塾では夏季講習も最終クールに突入しました!

 

夏季講習の授業時間は1コマ90分、1日で最大4コマあります。中には4クール連続、14コマを受講している生徒も

いました。

 

通常授業が夜から始まることを考えると、気力・体力ともに激しく消耗したのではないでしょうか。夏休みの間、本当にお疲れ様でした!

 

夏季講習を受けたことによって苦手箇所を集中して解いたり、入試を意識した問題に触れたりすることが出来たと思います。

 

しかし大事なのは、夏季講習を受けたあとの行動です!

復習」をしっかりと行いましょう。

 

夏季講習を受けて受けっぱなしだと、その記憶は「短期記憶」と呼ばれる比較的すぐに忘れてしまう記憶になってしまいます!

 

「短期記憶」から、容易に忘れることのない「長期記憶」に移すために、初めに学習してから9時間以内に復習し、その後の約1週間は毎日何らかの形で繰り返し復習を行うことが必要です。

 

 

継続は力なり! です。夏季講習後も引き続き、私たち講師と共に頑張っていきましょう!

2013年

8月

22日

夏季講習、後半戦突入!

こんにちは!自在塾の小久保です。

 

前回の記事で菊地先生も書いていたとおり、

先日自在塾では受験ガイダンスが行われました。

 

 

その際、菊地先生と自分が中高時代に勉強で苦労したことや

工夫したことなどをとめて、勉強体験記をお話ししました。

少しでも生徒たちの参考になればという思いで、

お話しましたが、予想以上に生徒から役に立った

という声を聞くことができ大変嬉しく感じました!

 

これを機に生徒たちの勉強意欲がより一層高まれば

 

より嬉しいですね。

 

夏季講習の一コマ。塾長が教えています。
夏季講習の一コマ。塾長が教えています。

 

さて、お盆が終わり、夏季講習も

後半戦に突入しましたが、

皆さまはお盆期間をどう過ごされましたか?

 

自在塾では田舎に帰省したり、

旅行にいったりした生徒が多かったようです。

 

また、中3生の中には部活の試合で勝ち進んでいるため、

引退せずに練習に励んでいる生徒もいます。勉強と部活の

両立に苦心している姿を見ると、改めて全力で応援して

あげなければという気持ちにさせられました。

 

生徒たちが精神的にも肉体的にも辛いことは十分理解

していますが、これまでの努力を無駄にさせないためにも

ここは一つ心を鬼にして厳しく指導していきたいと思います。

 

 

夏季講習後半戦、頑張るぞ!!

2013年

8月

14日

夏季受験ガイダンスを行いました!

こんにちは!自在塾の菊地です。

ついに8月も半ばに差しかかりましたね!

 

自在塾のある市川市では花火大会も

行われましたが、皆さま夏を満喫して

いらっしゃいますか?

 

 

先日、自在塾では夏季受験ガイダンスを行いました!

場所は自在塾ではなく、自在塾を運営しているNPO法人

ダイバーシティ工房が運営する、スタジオplus+

市川駅前教室で行われました。

 

ガイダンスでは

・実際に入試の記述問題を解くこと

・夏休みの学習計画を立てること

・自在塾講師の高校受験体験談を聞くこと

・公立高校入試の傾向、内申点について知ること 

などを行いました!

 

いつもと違う場所だからでしょうか。

生徒たちの表情や目線、態度が普段以上に

凛としていた印象です。

 

彼を知り己を知れば百戦して殆(あや)うからず

 (出典:「孫子」謀攻篇)

という諺(ことわざ)があります。

 

これは「敵と味方の優劣短所を把握していれば

たとえ百回戦ったとしても敗れることはない」

すなわち、相手と自分の長所短所を見極めて対処すれば、

どのような場合でも失敗することはないということです。

 

高校受験という「敵」、自分という「味方」の長所や短所を、

勉強を通して見極めて欲しいものです。

 

さて、自在塾では夏季講習真っ只中です!

 

ホワイトボードに、生徒があの有名な言葉を書いてくれました。

 

そうです、「」です!!気合を入れて夏を乗り越えましょう!!

2013年

8月

04日

夏季講習が始まりました!

こんにちは!自在塾の小久保です。

 

先日自在塾の近所の真間山ではほおずき祭

開催されたので、少し立ち寄って夏を感じてきました。

夏はお祭り花火大会など楽しいイベントが目白押しで、楽しみですね!

 

さて、自在塾の方は、

723日から夏季講習に突入しました!

先日新しい生徒も数名増えたので、

今年の夏の自在塾もにぎやかになりそうです。

 

夏休み中はもちろん遊びも大切ですが、

前回のブログで菊地先生がおっしゃっていた通り、

後悔のない夏休みだったと思えるよう、

計画的に勉強に取り組みましょう。

 

学校の授業が止まっている間に、

これまで苦手意識を感じていた分野や、

理解が不足していた分野をいかに克服しておけるかどうかが、夏休み明けの成績の伸びに大きく影響します。

 

先生たちが「夏休みこそ勉強しろ」と口をすっぱくして

言うのは、このような理由があるからなのです。

 

夏を乗り越えて、生徒のみなさんが勉強面で

成長していくことはもちろん、

人としてもまた一歩大人になっていくことでしょう。

 

 

 

これから夏本番、気合いを入れていきましょう!!

 

 

部活でこんがり日焼けした生徒の姿を見ると夏を感じさせます。
部活でこんがり日焼けした生徒の姿を見ると夏を感じさせます。

2013年

7月

26日

メリハリを付けた夏休みにしよう!

こんにちは!自在塾講師の菊地です。

7月も後半にさしかかり、

すっかり夏の陽気となりましたね!

 

 

 

私は主に19:30からの授業を担当しておりますが、

塾に向かう時の空の色が、いつの間にか

明るくなっていることに驚きました!

 

「日が長くなる。」は英語で 

The days are getting longer.と言います。

英語の通り、何だか1日が長くなったような気がして、

得した気分になりますね!

 

さて、とうとう始まった夏休み、いかがお過ごしですか。

 

夏休みは、と~っても長いですよね!

長いからこそ自由な時間も増えます。

 

少しくらい遊んでも

少しくらい携帯ゲームをしても……

 

という風に、徐々にだらけていってしまうことも

考えられます。実際、私は「時間がたっぷりある」と、

たかをくくってしまったために

夏休みの後半に悔しい思いをした経験があります……!

 

なので、こうならないためにも!

必要勉強時間」を計算してみましょう。


 夏に取り組む教材をリストアップする
 各教材について、1ページ(もしくは1章)あたりに

    かかる時間を見積もる
 にページ数(章数)を掛ける
 すべての教材の合計時間を出す

 

そして、こうして計算した必要勉強時間を、

夏休み期間の約45日で割ってみてください。

 

その時間が、夏休み期間の1日の勉強時間の

めやすになります。これをもとに、1日の

タイムスケジュールを立ててみましょう。

 

 

せっかくの夏休み、遊ぶ時間や自分の好きなことに

打ち込む時間も大切です。

 

そこで、時計や、ストップウォッチを傍らに置き、

勉強の時間を計ってみてはいかがでしょうか。

毎朝、1時間勉強する。」と決めたら、

その時間はしっかりと集中して取り組みます。

 

時間を定めることによって、

遊びと勉強のメリハリが付くと思います。

 

メリハリを付けて、

勉強も遊びも全力で取り組む夏にしましょう!

 

自在塾では夏期講習期間に自習室を開放しているので、

ぜひご利用ください。

 

講師が常駐しているので、

気軽に質問することができます!

 

一緒に頑張りましょう!(*^^*)

2013年

7月

18日

夏、水分補給!

こんにちは!

講師の瀬良です。

 

 

 

 

先日、千葉県も梅雨明けが発表されましたね!

前々回の私のブログでも少し触れましたが、

梅雨というのをあまり感じないまま梅雨明けを

迎えた印象です。

 

ここ数日は気温も上がり、暑い日が続いています。

脱水症状にならないよう、こまめに水分をとるなど、

体調管理に気を遣いましょう。

 

人は、身体の6065パーセント水分

構成されています。

そして、2パーセント不足するだけで、脱水症状

なってしまうと言われています。

そのため、水分補給を心がけることが必要です。

 

水分を補給する際には、氷でキンキンに冷やしたものを

飲むのではなく、少しぬるいくらいのものが

オススメです。身体がびっくりしてしまわないように

するためです

 

他にも、一度に大量摂取しないことや、

甘い飲み物を控えることも大切です。

スポーツドリンクなどは少し薄めると良いそうです。

 

テストも終えて、もうすぐ夏休みですね。

自分なりの暑さ対策をしっかりと考えて、

元気にすごしてください!

2013年

7月

11日

定期テスト返却中!

みなさん、こんにちは!

自在塾の小久保です。

 

先週から今週にかけて、新学期最初の

定期テストの返却が行われています。

 

 

 

先日、自分の担当している生徒のテストも返却されたので

結果を見てみると、嬉しいことに担当科目の

点数が伸びていました!そして生徒も満足していて、

頑張ったかいがあったというような表情でした!

 

このような成功体験は生徒にとって非常に大切で、

「頑張れば必ず成果が出る」という確信は勉強に対する

モチベーションに大きく影響します。

 

今後も、生徒たちが成功体験をより多く経験できるよう

応援していきます。

 

また、菊地先生瀬良先生の記事にも書かれていた通り、

定期テストは返却後にしっかり解き直しを行うことが

重要です。

 

点数が思わしくなかった生徒はもとより、

点数が伸びた教科も油断せずに

 

間違えた部分をしっかり復習しておきましょう!


2013年

7月

03日

自習方法は人それぞれ!

こんにちは!自在塾講師の菊地です。

7月に突入しましたね!

7月は夏の始まりという雰囲気満点で

大好きです。

 

 

 

 

さて、定期テストが終了しました。

満足そうな顔で報告に来る生徒もいれば、

悔しげな表情の生徒もいました。

 

テストが返却されたら

 

どんな間違い方をしたか

テスト勉強の内容や方法は、適切だったのか

 

この2点を自分なりに振り返ってみましょう!

その反省を次のテストに活かすことができれば

最高ですね。

 

次に、自習についてです。

テスト期間中に自在塾の自習室を積極的に

 

利用している生徒を目にしました!

自習室で集中して勉強中!
自習室で集中して勉強中!

自習室で勉強をする方が集中できる

という人もいるでしょうし、

家で勉強をする方が集中できる

という人もいるでしょう。

 

私の友人には、喫茶店などの少し雑音のある場所が

一番集中できる、という人もいました!

ぜひ自分に合った場所を探してみてくださいね。

 

また勉強をする場所だけでなく、方法もさまざまです。

いろいろと試行錯誤を繰り返して、

自分に合う自習方法を見つけてみてください!

 

友達を参考にしてみたり、TVなどで紹介されているものを

参考にしてみたりするのも良いと思います。

 

そして、私たち講師は勉強の内容だけではなく、

スケジュールや自習の方法についても、

いつでも相談に乗りますので声をかけてください。

自分に合った勉強方法を一緒に探しましょう。

 

 

では、夏休みまであと少し!頑張りましょう!

2013年

6月

25日

定期テストと講師ミーティング

こんにちは。

自在塾講師の瀬良です。

 

最近、少しずつ暑くなってきました。

この時期は湿度が高いので過ごしにくい日々が

続いているのではないでしょうか。

 

このような時こそ、体調管理には気をつけましょう。

 

定期テストが終わった生徒、

これから迎える生徒がいるかと思います。

 

テストを受けた後には、しっかりと解き直し

行いましょう。全く歯が立たなかった問題でも、

解説を聞くことで、ある程度は納得できるところが

あるはずです。

 

そして、ただ納得して終わるだけでなく、

解けなかった問題をもう一度解いてみてください

 

定期テストに向けての勉強ももちろん大切ですが、

 

定期テストの積み重ねが入試対策にもつながります!

 

 

自在塾入口です。 猫のカイくんもお出迎え。
自在塾入口です。 猫のカイくんもお出迎え。

 

自在塾では定例の講師ミーティングを行いました。

ミーティングでは、担当生徒の様子や授業ノウハウを

共有しています。

 

自在塾が生徒視点を大切にし、

よりよい学び舎(まなびや)となるために意見交換を

行うために開かれています。

 

生徒それぞれの個性を大切にしながら、

 

私たち講師もチームプレーでサポートしていきます!

 

2013年

6月

21日

定期テスト対策会

 

 

 

こんにちは、

自在塾の小久保です。

 

 

 

 

 

 

 

最近、各中学校では体育祭が行われているようで

準備や練習で日焼けした生徒を見ると、

いかにも青春を謳歌(おうか)しているという雰囲気を

感じさせられてとても羨ましくなってしまいます(笑)

 

さて、現在自在塾では週末に中学3年生を対象に

定期テスト対策会を実施しています。

内容は講師と一緒に学習計画を作成し、それをもとに

テスト勉強を進めていくというものです。

 

週末に家で勉強しようとしても、ゲームやテレビなどの

誘惑に屈してしまう生徒にとっては、

集中して勉強に取り組む良いきっかけになるので、

是非この機会を活用して下さい!!

 

新学年最初のテストで良いスタートをきれるよう

 

一緒に頑張っていきましょう!!

2013年

6月

12日

自分のニガテと向き合おう!

こんにちは、自在塾の菊地です。

 

最近は日中の気温も高く、日差しの気持ちよい季節となりましたね。生徒たちの装いも、日に日に夏らしくなっています。

 

 

 

さて、早くも6月に入り、新学年として初の定期テスト

近づいてきました。

 塾ではテスト範囲の復習を中心に行っています。

テキストやテストで間違えてしまった問題を

皆さんはどうしていますか?

 

×を付けずに正しい答えだけを書く

消しゴムで消してから正しい答えを書く

×を付け、正しい答えを書く

 

 

 

 

 

正解は....です。

簡単なことですが、実はとっても大切なことなんです!

なぜなら後から見直した時に自分がどこでつまづいたのか

一目で分かりますし、「自分のニガテはここだ!」と、

認識することができるからです。

 

聞いたところによりますと、税理士や司法書士などの難しい

試験を控えている人は「間違いノート」というものを

作成するのだそうです。

 

間違いノートとは、その名の通り

自分の間違えた問題のみを記入したノート

です。これを試験の直前に念入りに見直すことで、

効率よく復習ができる、というわけです。

 

この間違いノート、部活や習い事で忙しい生徒さんに

ピッタリだと思うのです。一冊のノートを準備して、

明日から学校や塾で間違えた問題を

書き込んでみてはいかがでしょうか? 

 

おのずと自分のニガテが見えてきて、

復習に役立つことでしょう。

 

講師一同、勉強の内容だけではなく勉強法についても、

わからないことがあったらいつでも相談に乗ります。

気軽に相談して下さい!

 

それでは定期テスト、頑張りましょう!

 

先週のブログに載せた自在塾の庭にある

 

 紫陽花(アジサイ)が満開になりました!

2013年

6月

05日

雨が少ない梅雨+今日は何の日?

こんにちは、自在塾講師の瀬良です。

 

先週の529日、関東甲信地方も梅雨入りが発表されましたね。史上3番目の早い梅雨入りということです。

梅雨入り後あまり雨が降っていないので、僕自身としては梅雨入りを実感できないでいます。

 

さて、今日は何の日かというと「環境の日」です。

これは、環境省が定めているものです。

世界的にも国連によって、「世界環境デー」として

定められています。

 

また、6月は環境月間だそうです。

梅雨入りしたのに雨が降らない」など、これを機に、

身近なところから少し、環境保全に関心を持ってみるのも

よいかもしれません。

 

理科だけでなく、社会科や家庭科なども関連しているテーマです。つまり、身近なことも学びにつながります!

 

これから中間テストを迎える生徒は、日々の継続した学習

とともに、こうした身近な学びも大切にしてください。

 

メリハリのある学習は大切です!

 

中間テストに向け、勉強計画を講師と一緒にたてる

定期テスト対策会」も開かれます。

 

これを機に計画的に勉強する方法を身につけましょう!

 

自在塾の庭に咲いた紫陽花(あじさい)です。

 

 満開はいつごろでしょうか?

2013年

5月

29日

定期テスト対策会−テストに向けて勉強計画をたてよう−

こんにちは、自在塾講師の小久保です。

 

最近は気候が暖かくなり、心地よい時期になってきたのは良いのですが、先日今年初めて蚊に刺されました。

 

 

自分は蚊がとても苦手なので、これから梅雨に入ってさらに蚊が増えると思うと、少し憂鬱な気分になってしまう今日この頃です。

 

さて、5月ももうすぐ終わり、6月に入ると

新学期最初の定期テストが待っています。

 

そしてこの定期テストに向け、自在塾では中学3年生を対象に

定期テスト対策会を行う予定です。これは生徒たちの

「計画を立ててテスト勉強をするのが難しい」

という声に応えて、テストの2週間前から講師の指導のもとで

学習計画を作成し、確実にテスト勉強を進めることが

目的です。

 

生徒たちには定期テスト対策会をきっかけに、

最終的には講師の指導がなくても 

自主的に勉強計画を立てられるような

プログラムになっています。

 

新学期最初のテスト、

 

良いスタートを切ってきましょう!!

2013年

5月

22日

夏は受験の天王山!の天王山ってなに!?

こんにちは!自在塾講師の菊地です。


最近では日も長くなり、日中を半袖で過ごす日も増え、季節の移ろいを実感しています。この前まで厚着をして、寒い寒いと言っていた日々がまるで嘘のようです!

 

さて、月日が経つのは早いもので5月も下旬に

差しかかってきました。

 

少しだけ気の早い話かもしれませんが、

「受験の天王山」とも言われる夏が近づいてきています。

「夏は受験の天王山」このキャッチコピーは、

誰でも聞いたことがあるのではないのでしょうか?

このキャッチコピーの由来は、

豊臣秀吉が天下をとる過程における、天下分け目の戦いと

されている「山崎の戦い」において、明智光秀との勝敗を

分けた局地戦「天王山の攻防」から来ています。

また、辞書で調べてみると
「勝敗や運命の重大な分かれ目」と載っていました。


要するに、夏は合否を分ける重大な分かれ目ということです!

このように書くと、受験が怖くなってきてしまうかも

しれませんが、安心してください。勉強の悩みや不安は、

私たち講師がしっかりとサポートしていきます。

一緒に、11つ着実に積み上げていきましょう!

 

 

「中3生です。受験の天王山、登りきります!」

2013年

5月

15日

今日は何の日?+中間テストに向けて

こんにちは。
自在塾講師の瀬良
です。
最近は少しずつ暖かくなっており、
衣替えが待ち遠しい時期ではないでしょうか。

 

 

さて、本日515日は「国際家族デー」です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれません。この日は、

家族の絆や大切さを再確認する日、ということで国連が

定めたそうです。

先日には、母の日がありましたね。日頃の感謝の気持ちを

伝えた方も多いかと思います。今日は、家族についても

少し考えてみてもよいかもしれません。

5月も中旬となり、そろそろ中間テストの時期なのですね。

テスト対策は、計画を立てて、毎日コツコツとやっていくことが

大切です。

自在塾でもサポートをしていきますので、気軽に質問などを

してください。

 

また、土曜日の自習室などもぜひ活用してください。
それでは、今日も1日頑張りましょう!

2013年

4月

24日

生活リズムを取り戻そう!

こんにちは!
自在塾講師の瀬良です。

早いもので4月も後半になりましたね。
新学年の授業も本格的に始まったのではないでしょうか。

春休み中の生活リズムとは少し異なり、身体がまだ慣れていないかもしれません。
そして、あと1週間もすれば、ゴールデンウィークを迎えます。

ゴールデンウィークに入る前に、生活リズムを取り戻すことによって、「5月病」の予防にもなると思います。

心地よい5月を迎えるためにも、ゴールデンウィークでリフレッシュをして、生活リズムや体調管理に気を遣っていきましょう!

自在塾は、
4/295/3の間、お休みになります。
この期間も、計画を立て、毎日コツコツと勉強時間を確保しましょう!

 

2013年

4月

19日

自在塾らしさとは?

こんにちは、自在塾の小久保です。

最近は気温がすっかり暖かくなり、春の訪れを感じます。
あとは風さへおさまれば、もっと春の心地良さを感じることができるかもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月に入ってすでに2週間が経過し、学校の方も本格的に授業が始まりました。
新しい先生やクラスメートと出会い、気持ちを新たに新学期からも勉強を頑張っていきましょう!

ただ、学校で勉強も部活も頑張って、さらに塾にも通う中で、生徒たちにとっては辛いと感じることもあると思います。

講師としてはそういったことを把握した上で、単に成績を上げるために厳しく指導するだけではなく、時には良き理解者として、あるいは人生の先輩としてコミュニケーションをとっていくことで、学力はもちろんのこと、自在塾が生徒たちにとって、居場所であったり、いつでも相談できる場所、相談できる先輩や友達を得られる場所になればと考えています。
それが自在塾らしさだと、講師一同考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勉強に関する質問はもちろんですが、それ以外の事であっても相談してもらえれば、いつでも出来るかぎり力になりたいと思っています。

これからも生徒たちが色々なことに悩みながら、強く成長していく姿を見守っていきたいですね。

2013年

4月

10日

新学期の授業スタート!

 

こんにちは、自在塾の小久保です。

先週までは、3月から講師になった2人の先生がブログを書きましたが、いかがでしたでしょうか?

それぞれの講師の方の人柄や生徒に対する思いが伝わってくるような内容だったと思います。

今後も講師が順番でブログを書いていく予定です。
その内容から自在塾のアットホームな雰囲気や生徒の様子を感じて頂けると幸いです。

さて、4月から自在塾では新学期の授業が始まりました。

生徒たちの学年が上がり、授業で使う教材も1つ上の学年のものに変わりました。
今まで見たことのない内容に不安を感じる生徒もいると思いますが、11人の苦手分野をしっかり把握した上で丁寧に指導していくので安心してください。

新学期から気持ちを新たに頑張っていきましょう!!

2013年

4月

03日

春季講習!

こんばんは!

3月より自在塾講師となった菊地です。
これから宜しくお願いいたします!

最近はすっかり春の陽気が漂い、桜の綺麗な季節となりましたね。
暖かい春の昼間などは、ついうたた寝をしたくなってしまいます。

さて、前回の記事でもお伝えしましたように、自在塾では326日から43日にかけて春期講習を行いました!
春期講習では、今まで学習してきた中で苦手な分野の克服を、目標としています。


誰もが自分の苦手分野と向き合うことは好きではないでしょう。
しかし、
苦手分野をがんばった分だけ点数は必ず伸びます!
特に新中3生は、中2の春休みに苦手をなくし、受験勉強に備えることがとっても重要です。

先週の記でも紹介しましたが、
先日行われた受験ガイダンスにおいて、
入試の出題範囲の7割は、中1と中2の学習範囲から出題される」ことを学びました。

生徒の頑張りを、講師陣はしっかりと見ています。
わかるまで丁寧に教えます!
春休みもあと少しです。頑張りましょう!



講習中の新中3生、問題演習中です!

2013年

3月

27日

卒業パーティと春季ガイダンス

こんばんは。

3
月より自在塾講師となりました、瀬良です。
これからよろしくお願いいたします!

今年は、例年よりも一足早く桜が咲き始めているようです。
季節の変わり目は気温差があるので、体調管理には気を遣いましょう。

さて、去る324()に、今年度の
自在塾卒業パーティを行いました。
当日は、今春に受験を終えた3年生、及び自在塾の講師が集まりました。

そこでは、皆で協力し、お好み焼きとたこ焼きを作りました。
お好み焼きをひっくり返すのが初めてだった生徒もいて、このような形式の卒業パーティを企画してよかったです。



また、夕方からは新23年生を対象とした
春季ガイダンスを行いました。

ここでは、卒業する3年生を招き、新2・3年生の前で、合格体験談を話してもらいました!新2・3年生は、受験に対する意欲と危機感を持ち、「今やらなければいけないこと」を確認できたようです。

23年生に特に覚えておいてほしいことは、「入試範囲の7割は、
1,2年生で学んだことから出題される」ということです。苦手をそのままにせず、しっかりと向き合いましょう。その際に、「計画を立てて、毎日コツコツと積み重ねていくこと」を実行することが大切です。

自在塾では、326日から43日にかけて、
春季講習も行われています。
春季講習では、今まで学習してきた中で、苦手となっている分野を把握し、克服していくことを目標にしています。

この春、苦手を克服して、新学年のスタートをより良いものにしていきましょう!

 

 

卒業パーティの様子です。
 皆で協力しての手作り料理は、さらに美味しく感じました!

2013年

3月

20日

新しい先生も増加中!

こんにちは、自在塾の小久保です。

先週の記事では、自在塾に新たに入塾してくる生徒達の様子をご紹介しましたが、増えているのは生徒だけではありません。

新学期からは新しい先生方も増える予定です!

皆さん
子どもと接することがとても好きで、11人の生徒としっかり向き合うことのできる方ばかりです。新しい職場に慣れるまで、時には至らない部分もあるかと思いますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。

そして私も、新しく入ってこられた先生方のフレッシュなパワーを頂きながら、共に切磋琢磨し、生徒達により良い指導ができるよう頑張っていきたいと思います!

来週からは
新たに自在塾の先生になられた方のご紹介をしていく予定ですので、是非ご期待ください!


写真は今年第一希望の高校に見事合格した生徒と塾の講師の方です。

2013年

3月

13日

新入生増加中!

 

こんにちは、自在塾の小久保です。


最近は、気温がだんだん暖かくなり、「春が近づいてきたかな?」と思うと、急に気温が下がることもあって、体調管理の大切さを実感しています。


さて、自在塾の方はというと、3年生が卒業していく一方で、新たに入塾してくる生徒も徐々に増えてきています。

新しい生徒もみんな真面目に授業に取り組む良い子ばかりなので、今後の成長に期待
しています。


3
年生が卒業したことで、一時期は少し寂しくなった教室も、生徒が増えてくるにつれ、最近では活気を取り戻しつつあります。

引き続き、講師としてきちんとメリハリをつけた授業
を行っていきたいと思います。


学年最後のテストも終わり、「春休みは部活や遊びにたっぷり時間を使いたい!」と考えている生徒が多いとは思いますが、
これまでの学習内容の復習ができる数少ない機会でもあるので、しっかりと勉強時間を確保しておきましょう!!


先週の梅に続き、
自在塾では木蓮も咲き始めています。
春の訪れを感じますね。

2013年

3月

07日

3年生の卒業と新学年

こんにちは。自在塾講師の大野です。

3月も、早いもので一週間が経とうとしています。
千葉でも春一番が吹いて、少しずつ春が近づいてきているようです。
花粉も飛び始めているらしく、花粉症の私は外出が辛くなってきました。

3月になり、自在塾では3年生の卒業ラッシュを迎えています。

ほとんどの生徒は2月までで授業は終わりましたが、
3月24日の「卒業を祝う会」を区切りとして、自在塾から卒業していくことになります。
当日は午前中から昼間が「卒業を祝う会」、夕方が「学習ガイダンス」の予定です。
「学習ガイダンス」には3年生も参加してもらい、『合格体験記』を発表してもらいます。
受験を経験した3年生がどんなことを話すのか、今から楽しみにしています。

3年生の卒業が近づくにつれて、受験が終わって少し成長した3年生を送り出すのは誇らしくもあり、少し寂しくもあります。
いつかは生徒が旅立っていってしまうのが学習塾の宿命ですが、
自在塾は、ふと立ち寄りたくなった時に自然と立ち寄れるような場所でありたいと考えています。



▼自在塾でも梅が咲いています!